新着Pick
492Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカなら、#ディズニーランド のような子供を飽きさせない完全ワンウェイコントロールされた、#スチューレオナード が代表的な例だと思います。
他には、#ダラーショップ の3企業もあります。
さらには、#オムニチャネル戦略 (#日経文庫 )で書いた #ギターセンター もあります。


日本では、ローカルスーパーや #ドンキホーテ もありますが、忘れてはいけないのは、ヨドバシカメラでしょう。

あの商品説明力は、#Amazon が増やしているロングな説明では到底叶いません。#消費増税前 の9月最後の日曜日は、閉店になるまでお客様でいっぱいでした。
#ヨドバシカメラ のホームページには、「楽しい買い物」を目指していると書かれています。
また、#オムニチャネル戦略 (#日経文庫 )でも書いた #カメラのキタムラ も、店長のカメラの知識に、顧客が店舗に行きます。
中途半端では生き残れないとありますが本当にその通りですよね。しかも難しいのが、これを事業転換しようとして社内会議すると大抵中途半端になるという。トップとしての意思決定がより大切な領域とも感じます。
「スチュー・レオナード」は、確かにいつ行ってもワクワクのある生鮮食品店です。
フロアの規模はもちろん、品揃えの数、新鮮な生鮮に驚かされます。
とにかく、温かみがある店づくりになっていて、生鮮食品界のディズニーランドと異名を持つのも頷けます。

ハロウィン時には、巨大カボチャが、クリスマス時にはモミの木がたくさん陳列されており、日本ではなかなか出来ない「体験」を味わうことができます。

これがネットでは出来ないリアルの良さだと考えます。
綺麗な六角形ではなく、極端な尖りが武器。
我々もそうありたいと強く思います。
特に野菜は鮮やかさや鮮度、これがリアル店舗の魅力ですよね。
安さも重要ですが、少しだけ背伸びしたプチプレミアムがこのお店にはあります。
米国の「スチュー・レオナード」。巧みな演出から「食品スーパーのディズニーランド」と言わる一方で、品ぞろえは一般的な食品スーパーの10分の1まで厳選。合理的品揃えと非合理的演出で、普通のスーパーより店舗売上5倍って、すごすぎるな。
流通業においては合理性か、非合理性か。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績