新着Pick
407Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴミが増えるテイクアウトのほうが税率低いなんて、環境問題を考えれば、逆行した税制といえるでしょう。
増税は支払う国民の経済的負担以外に企業のオペレーションや、価格表示、システム変更に莫大な労力を要します。
徹夜したであろう皆様、今日も不具合出ないか緊張が続くだろうと察します。大変お疲れ様でした。
ここまで企業と消費者を悩ませた税制変更は珍しいと思います。よく税収や消費に与える影響が話題になりますが、複雑な制度に対応するための「見えないコスト」も無視できないと思います。
ルール、プロモーションなどが 受け入れられる例として、
●わかりやすくその概要を自分の言葉で 10秒以内の口語にまとめることが 出来る。
●それがデザインされた誰もが納得する理由を見つけられる
●無意味な例外がない
●社会や 自分への影響が想像でき 共感が得られる

これらの観点から考えると、引き続きの努力が必要か?
今朝、シンガポールのラジオニュースでも話題になっていた、軽減税率の対象と対象外の話し。CNA東京支局の方のレポートに、シンガポールのスタジオは、「・・・?なんですかそれ(笑)」という反応でした。日本への旅行、「だいたい2%高くなるね(笑)・・・」で締めくくられていました。

書籍についてはこんな背景があるという記事も。有害図書か・・・ 真偽はわかりませんが、さもありなんという気がします。
https://www.keigenzeiritsu.info/article/18782


書籍については英国は0%、その他の主要欧州諸国も軽減税率。一部のよくわからない書籍のために、全体が10%となってしまっている。

新聞の電子版は対象外で10%なのですか。
https://bunshun.jp/articles/-/14390
当社は店内飲食メインで軽減税率対象ではないので大きな混乱はなかったんですけどね。それでもPOSの再設定などの業務が四半期の棚卸しのタイミングと重なって労務負担は大きかったです。

とはいえ自社運営のカフェのほうにはなかなか微妙な問題がありましてね。それは「従業員による飲食」です。社内割引はあるんですがそれは所得税法の認める範囲内。それを超えるとせっかくの割引なのに従業員に所得税がかかってしまうの。なのでランチなどで従業員がカフェのメニューを注文したら代金をもらって売上として計上するんです。そこで「従業員の店内飲食は軽減税率の対象かどうか」ってのが問題になったんですよ。

ええ。もちろん国税に確認してもらいましたとも。すると。なんとびっくりするような回答だったんですよ。従業員が「客席」で飲食すると軽減税率の対象ではなく消費税10%。しかし従業員が「控室」で飲食すると軽減税率の対象となって8%という回答。「え?」でしょう?

何がおかしいってね。カフェでなくたってたとえばスーパーマーケットでお客さんが弁当を買う。そしてそれをフードコードで飲食する。そうするとお客さんからいただく消費税が10%になるの。なのに従業員が同じ弁当を買う。そしてそれをたとえば自店舗内のレクリエーションルームで飲食する。こうなると消費税は軽減税率の8%で済むって話です。

つまり。お客さんのためを思ってお客さん目線で椅子とテーブルを置くと軽減税率が適用にならないのに自社の従業員向けならば軽減税率になるの。お祭りの屋台の大将がお客さんのことを思って屋台の前に椅子を置くと軽減税率にならずに10%になるって話ね。

あのね。小売業が好きで小売業をやってるにんげんっていつもお客さんのことを考えたいの。これはつまりお客さんを馬鹿にしろってことなの?おかしいでしょ?

小売業者としての素朴な感情というか実感からかけ離れているんです。つまりそもそもの理屈がまちがってるんですよ。
ビジネスの将来性を見る上で、国の政策の見通しが必要な場合もあるのですが、有識者に様々話を聞いた上で、最終的な判断として「国もそこまで非合理なことやらないでしょう」と勝手に判断しちゃうこともあるのですが、そういう判断をすると危ないことが身につまされる自分にとっては印象深い税制変更になりました。今後、つい合理的に考えそうになっても、「でも、軽減税率みたいなことも起こるし、、」と一度考え直すようにしよう、と思います
「○○ペイ」を使ってみてはじめて実感しましたが、ポイント還元の恩恵は大きいです。「習うより慣れろ」を実感しています。これを機に、キャッシュレスの動きがどこまで広がるのかに注目。「第二のセブンペイ」のような不正事件が、こうした動きに水を差さなければよいのですが…
もう諦めてます。
公明党が鬼の首を取ったように誇らしく語るのも。

この国はそういうとこまで堕落したという事ですかね。
消費税は所得税や法人税に比べて、景気の変動に左右されにくい安定性があるが、低所得の人ほど負担感が強い。言わば逆進性があるから抵抗感が強い。景気が落ち込むのではないか。