新着Pick
431Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
手塚治虫の『火の鳥』とか『ターミネータ』とかだと、未来の人類社会というのは、巨大な「セントラル・コンピュータ」が全てを計算して決定し、人間はそれに従わねばならない、ということになっています。これが1980年代までのSFの未来イメージだったのでしょう。当時、IBMが圧倒的な中央集権的コンピュータで市場を制覇していたことが反映されています。
 やはり現実はSFとは全然ちがうものになりました。少なくとも巨大なハコモノのコンピュータが単独で人類を支配する、ということは起きませんでした。1980年代までのSFのイメージは、ネットワーク技術の可能性が認識されていなかたからでしょう。
 コンピュータのより効率的な運用が模索された結果、1990年代には、中央集権的なコンピュータではなく、ネットワークで多数のコンピュータを結ぶ分散コンピューティングが発展しました。
最終回は、コンピュータの「未来のカタチ」について語って頂きました。すぐパソコンやスマホのメモリが一杯になってしまう方なので、これからの「メモリ」についての議論は、興味深かったです。
あらゆるモノにコンピュータが宿る時代。これからどのような半導体が求められていくかなど、引き続き取材をしていきたいと思います。
大容量の二次記憶メモリを搭載したパソコンはなくなる。5G無線NWの可能性がますます高くなりますね。

ウェアラブルにもう一度注目が集まりそうです。そういう意味では、アマゾンはやはり先見性がありますね。新製品のグラスやイヤフォン、指輪などに音声アシスタントのAlexaを搭載。音声で色々なやりとりができるようになります。
概ね賛成ですが、一点気になることが。

カメラで撮影した映像や音声はプライバシーの問題から今後さらに中央サーバに集約することがこんなになることが予測されます。そうなると、重要になるのはエッジコンピューティング。端末側の処理能力をいかに上げるか、また端末で処理できるようにいかに処理コストを下げるか。これも考えなくてはいけない重要な問題です。
既にコンピューターやネットを抜きにした生活は考えられなっています。千葉の大停電でもネットまでダウンして、行政もマスコミも全体像の把握には相当な時間がかかりました。

これらを抜きにしては、生活や仕事で価値を創出することはますます困難になりますが、危機に対する脆弱性が増していることも問題だと思っています。
技術革新のスピードと変化の大きさに圧倒されます。つい20年前に10億もかかっていたスパコンよりも、今のスマホに入っているコンピュータの方が優れているというのは素直に驚き。そう考えると今のPCがこのままのわけはないですね。
とても読みやすくわかりやすい。過去から振り返ることで未来の予測が出来ますね
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績