新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「1つのケースは、アベノミクスが目標とする2%の物価上昇率が達成される「成長実現ケース」である。もう1つのケースは、1%強の物価上昇率が達成される「ベースライン・ケース」である(ベースラインとは本来、測量の際の基準となる線のことである)」

リフレ政策の崩壊を内閣府も認めたということでしょう。ただし、この記事のように、依然物価と経済成長に強い関係があると考えているのか、名目GDPの推移の予測を問題にしているけれど、経済学的には物価変動を除いた実質成長が重要なのであり、これまで考えられていたようには物価と成長が相関するかは疑わしい。