新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本件、なかなか情報が少ないのですが、技術的なことにつっこんだ報道は以下が最も詳しいと思われます。
https://komonews.com/news/local/exclusive-unexpected-cracking-found-on-critical-boeing-737ng-equipment

どうやら翼の主桁と呼ばれる骨組みの部分と、胴体のフレームというやはり骨組み部分をつなぎ合わせる部分(pickle forkと前述のサイトでは言っています)に亀裂が見つかった機体がある、ということのようです。
飛行機は一般に、翼で揚力を生み出し、胴体を支える構造になっていますから、翼と胴体をつなぐ部分には大きな負荷がかかります。また地上に降りると今度は翼の重さを胴体に預けて支えるわけですので、力のかかる向きもまるで逆になるという、設計屋さんにとっては何かの罰ゲームかと思わせるような作りにしなければならない、気を遣う部分です。

今回の亀裂は特定の機体の改修作業中に発見され、その後他の機体でも見つかったということですが、この原因が、部材の製作段階での不良によるものであるのか、あるいはそもそも737自体の設計の問題なのかで問題の深刻度が全く異なります。
部材の製作不良であれば、特定のロットの機材を割り出して、その機体にのみ改修をすればよいので影響は小さくて済みますが、これが設計上の問題となると、世界で飛んでいる7000機を超える同型機すべてに影響することになります。
部材の製作不良であることを祈りますが、万一の時には世界の航空会社に多大な影響が及ぶことになります。
「NG」(No Goodと同じ)略号も影響しているのでしょうか…普通は、そんな略号を採用しないと思いますが…

それはさておき、MAXにつづいて、NGもか…という印象です。

B737は、米国国内でも主力機のひとつなので、影響範囲によってはBoeingの経営にとどめを刺す可能性すらありますね。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア