新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
顔がHONDA-eに似ているので、ホンダと協業するのが理想。Amazonから資金をもらっても、高効率のEVを作るのは、経験が必要。日本メーカーとのコラボが理想的。
世界一の自動車生産大国である日本。
そこに販売網を持たない、生産実績もないスターアップのクルマが多数走り回る。楽しみでもあり、何やらこうした形で日本市場に食い込む手があったのかと、脅威に感じたり。
色々とツッコミどころ満載だけど⑵

車両重量はいかほどになるんですかね。
日本では普通自動車免許で運転できる車両は総重量(自重+積載量)3.5トン以下です。

以前EVバンであるメルセデスEQVの車両重量を推測すると、3トンほど。すると積載量は最大500キロです。たった。

https://newspicks.com/news/4158386/

このリヴィアンのバンは、バッテリー重量でEQVよりも600キロ程度重いと思われ。
どう見ても自重で3.5トンに到達してしまう。積載量ゼロ。

となると、準中型免許以上が求められる。
これは日本だけでなく、欧州も同様。

ディーゼルやガソリンエンジンのバンなら自重は2トン程度なので普通自動車免許で1トン積載して運転できるのに。

運送車両としては結構ハードル高いんですよね、重いEVは。
#DHL が買収した #EVスタートアップ の車両は使わなかったんですね。米国自動車産業を支援する #トランプ大統領 を意識したんでしょうか? それとも、パートナーのDHLとも将来関係が悪くなると考えているのでしょうか?

この #Rivian は、自動運転を想定して作られているので、この記事の言うように自動運転で #Amazon が #宅配 することは十分あります。
https://rivian.com/

ちなみに、主力のピックアップトラックの試乗運転ができるのは、2020末だと言っていますから、正式発注は、いろんな条件をつけていると思います。
EVシフトによるethicalな取り組み。

ちなみに、渋谷を走行するアドトラックでも1週間2,000,000円するので、このamazon仕様のバンが世界規模で展開されれば、広告効果も相当高いでしょう

環境、広告、コスト削減と一石三鳥。
「「環境への責任を果たせ」という自社の労働者からの批判を和らげることになるだろう」

ご参考
https://newspicks.com/news/4240867

コレ↑もふくめ、いろんな意味でいいお金の使い方なのかもしれません たくさん持ってらっしゃるみたいなので

あ、まる目は好きです
我々の生活が便利になると同時に物流は切り離せないプロセスである。
倉庫からお客さんまでをどう効率的に結ぶか?の技術は今後より進化していきそう。
記事にもある通り、間違いなく配送は自動運転になる、そして今世界中で注目されている温暖化という世界が挑む社会問題の背景を考えると電気自動車という形で普及するのも間違いないこと。
例えば、倉庫から近所までは配送専用電気自動車、そして近所からユーザーまではドローンとかだろうか?あとは目的地のどこに収納するか?というところの規格がまだ統一されていないし、どこで受け取りたいか?も人それぞれ。そう考えると、その受取るBOXもいずれはアマゾンが独占していくのでしょう。例えドローンだとしても、受け取りBOXまでもアマゾンのプロダクトであれば連携は容易でしょう。
EC×物流の未来は比較的見えてきた気がしますね。まあ、どこでもドアができたら全て終わりですが(笑)
配送を自社で管理しようとしているアマゾンは、従業員を対象にした宅配分野での起業支援プログラム「デリヴァリー・サーヴィス・パートナー(DSP)」や、個人事業主による「Amazon Flex」といった独自の配送ネットワークと、UPSなどの大手による配送とを統合した物流システムを開発した。こうした個人ドライヴァーたちにリヴィアンのヴァンを提供するという方法も考えられるだろうが、そのためにはドライヴァーが毎晩バッテリーを充電できるようにしなくてはならない。
アマゾンがどんな物流網を構築するのか?
まずはアメリカでの展開に期待したい。

日本にきたら、日本の配送業界にもついに正面からアマゾンエフェクトがぶつけられることになりますね。
低レベルのビックリ記事。メーカーの宣伝か?

共通プラットホームで「配送用バンのボディを被せるのは簡単」とか、ガソリン車やディーゼル車と比べメンテナンスは簡単とか書かれると小型トラックや小型バンの開発会社にいた(技術者ではないが)者としては、ビックリと同時に心配になる。

写真を見るかぎり、低床の小径のタイヤからはLAのオートショーで発表した電動ピックアップ・トラックとはまるで異なる車に思える。貨物用と乗用とでは要求性能がまるで違う。たとえば、宅配では頻繁にストップアンドゴーを繰り返す。

日本で初期にあった小型トラックのフレームを使った「似非SUV」や中国でかつて多かった、大型トラックのフレームにバスボディを被せただけのおよそ人が乗るものとはいえないバスを思い出す。

このバンも同じ「プラットホーム」を使いながら、内外装やソフトウェア以外に「サスペンションをカスタマイズしている」と書いているから、足回りやブレーキも新開発だろう。

つまり、同一プラットホームでも割高になる。

最大の問題は重量。貨物用では自重が大きいと荷物が積めなくなるから、重いバッテリーのEVは不利なはずだ。

EVはメンテナンスが簡単という都市伝説を信じているところも問題。電動フォークリフトを公道で常時走らせたら何が起こるか経験した方がよい。
貨物用の走行停止は致命的で宿品では荷物が腐るという大問題がある。サービス可能な都市部だけを走る訳ではないし。

ということで、発想は悪くないが、EVを侮り、商用車開発を知らないのでは思わせるところが残念。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
96.9 兆円

業績