新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
配車サービスは、大量の広告費を投下しユーザー集客と同時にドライバー採用も続けなければなりません。

相互評価システムによりユーザーの安心感が向上する一方で、ドライバーは苦しめられています。評点が一定を下回るとアルゴリズムによりユーザーから選ばれづらくなるなどのデメリットがあるためです。

海外でアプリを使うと、ドライバーがニコニコしながらアメ玉やクッキーを次々と渡してきます。はじめは不思議に思いましたが、そういうことです。

配車ドライバーの平均勤続年数は、1〜2カ月と言われていますが、その過酷さがわかります。
10頁に分けてあるので、それだけクリックしないと読めないことも苦痛でした…また10回もクリックして読んだわりには、Youtubeでいう「○○やってみました」的な内容が延々と綴られているのは、記事というよりブログのレベルではないでしょうか?

私が最近書いているように、マッチング・ビジネスは、コストに関して本質的な課題を抱えています。しかも、最近では、多くの企業が、旨味を求めて参入するため、レッドオーシャン化も急速に進んでいます。

つまり、勝者であっても生き残るのが厳しい、あまり魅力のない市場になりつつあるということです。そういったことが、わかりやすく説明されていると良かったのですが。

尚、この記事は、NewsPicksの編集部から、私に対する【おすすめ記事】で案内をいただいたのですが、もう少し「おぉ、これは、是非、コメントせねば!」というものを送っていただければ、うれしいです。ワガママですみません。
世界はどんどん先に行っています。
ドアツードアの移動はどうあるべきか。
ユーザー目線で考えるべきです。
規制の壁を設けたままでは、新しいビジネスも生まれませんね。
業界と行政の罪は大きいと思います。
コロンビアでは7つのライドシェアが激戦。参入障壁が低すぎるから利益を出すのは簡単じゃなさそう。世界中でのライドシェアバブルはどこかで崩壊しそう。

運転手は仕事がたくさん回ってくるかどうか、そして運賃から仲介料を差し引いた手取りの報酬がいくらになるのかを考慮してどのライドシェアで運転手をするのかを決めている。また仕事を安定的に獲得する戦略としてUberとBeat、InDriverに複数登録し、時と場合によって使い
コロンビアは日本と同様、白タクは違法。その為、検問に遭遇した際は友達のふりをしなくてはならない…めっちゃ違和感ありそうだが笑。