新着Pick
287Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WeWork、業績は赤字ですし、手元にお金ないですし、将来のリース料を含めた実質的な負債(後述)は膨大なので、エクイティを中心に新規に調達できないと事業運営を継続できません。

既存事業にかかるリース料はノンキャンセラブル(解約不能)でスケジュール通りに支払いが生じます。こんな中、資金繰り破綻を少しでも遅らせるべく、キャッシュアウトを止血するために、①新規の投資を止めるのと、②固定費の削減(= 従業員コストの削減)するのが、財務リストラの王道です。

—-
S1ファイリング(目論見書)によると、
・足元の全社業績は赤字。成長投資のための支出を除外した既存ビジネスベースでも赤字。本質的に儲かっていない
・手元現金は3000億円程度。BS上の総負債は7000億円程度
・しかしBSに乗っていないリース債務(オペレーティングリース契約により将来15年程度に亘って生じるリース料支払総額)は5兆円程度あり、これが膨大
→ 金融機関などの債権者・デット投資家は、リース債務をプロフォルマで含めた実質的な負債ベースで融資の可否を判断します
さあ、誰が最後のババを掴むんでしょうか。注目です!
Akiさんと重ねてS-1から。

下記でコメントしたことだが、
・オフィス開設から6か月でランニングで黒字化
・積極的にオフィス開設しているので、全体のオフィスのうち30%が24か月以上経過してCFなどの算段が建つ「Mature」というもの(ただそれらの稼働率やどれだけが黒字化しているかなどの情報はなし)
という言及がS-1にあった。
新規契約、今は再開しているとのことだが、それでも鈍化している。上記が正しいのであれば、数値は大きく良くなるはずで、本当にそれが起こるのかが問われること。
それは、どれだけ新規顧客が入る、既存顧客が解約しないということにもよる。投資が必要かつファッション・カルチャーというか流行り廃りが強い事業は、逆回転するとこれまでの投資が回収できないまま一気に悪くなることも少なくない。最近だと「いきなり!ステーキ」もそれの一例だろう。

https://newspicks.com/news/4141468
原宿にあったAudiのショールームは、高額賃料のために契約期間満了後、直ちに出ていった。
しばらく空いていて、私も、とある顧客のために少し検討したが、とても採算が合う賃料ではなかった。
しばらくすると、WeWorkが入っていた。

チャプター11かな。その方が、傷口は小さくて済む。過ちを認める、決断が早いって、そういうことだと思うけどね。皆さん、まだまだ孫さんの魔法が解けていないようで。
https://newspicks.com/news/4257273

【追記】
PL脳ってどうなったんでしょうか?
今一番びびってるのは、wework と契約済みの大手不動産会社かと。
ビジネスとすれば、高値で大面積を借りてくれるのだから借手としては優良なはずだが、やはり転借というビジネスを考えるとかなりのリスクも予想できたはず。
そもそも、貸手も不動産のプロでありながら、自分達でエンド企業に高く貸す選択を捨て、Weに貸す選択をしているのが残念だが、逆を言えばそれぐらい高くweworkは借りている。
定借は解約できないが破綻すれば、半年以上は賃料入らず、原状回復も出来ない。保証金も回収され意味をなさない。
そして、これまでできた日本のweworkより、これから完成する日本のweworkの方がはるかに面積が大きい。
本国では、10年前からのビジネスであり、安い賃料で仕込めた物件もあり利益が出ている優良事業もあったと思うが、日本はここ一年で賃料MAXの時期に借りまくってしまっているだけに、負のスパイラルに転じると恐ろしい事になる。
マンハッタンの相場が崩れると騒いでいるが、東京はそれどころではない気がする。
成長に一途に邁進して面をひたすら最速で取る戦略はキャッシュフローが続かないと大きな逆風になりますよね。会社は価値が下がると、既存の投資家が納得できる案がない限り、減額した株価での新規投資を成功させる事は難しいですよね。恐らく現状のポートフォリオを見直して利益が出せる体質に改善する事が最優先なのでしょう。
従業員の3分の一(5000人)をリストラ、そして新規契約を一時停止とかなり素早い動き。WeWorkは長期リースで借りる際、LLCという会社形態を用いて、もしそのオフィスビルの長期リースを払えなくなった時、そのLLCだけを倒産させることにより親会社に債務が回って来ることを回避するスキームを取っているので、会社全体が倒産ということはないと思う。

ただ、ボストン連銀のエリック・ローゼングレン総裁批判したように、これが次の金融システムのリスクになる可能性も秘めてる。更に今後のリース契約は貸してが相当警戒するだろうから、良い物件の確保は相当難しくなってくると思う。

この段になるとソフトバンクGが子会社化しての再建しかないと思う。良い物件であれば個々でのユニットエコノミクスは回っている(大不況がこない限り)ところは多いと思うので(とは言えPERは不動産業並みだろうけど)、再建は充分に可能だと思う。
日本だけをみれば、今のところほぼ空席ゼロの人気。
新規オフィス開設契約をストップさせるだけで黒字化できそうです。
大手の新規大型契約や、日本の行政組織の契約も増え、早期で手を打てば財務が好転する様にみえます。

ちなみに、原宿Iceberg(約700席)はプライベート・オフィスで約20万円/席。他拠点同様ほぼ満席。
プライベート・オフィス以外にホットデスクなど安い種別があるので、単純計算できないですが、計画通り回っていると思われます。

今年12月オープンのSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE(3600席)は、オープン前で既にほぼ埋まったそうです。

入居者側からみれば、現状変わらなければ問題無し。入居の決断が早い企業は、退去も早いので心配無用。
あと、今後多少の値上げはあるかも。

投資した方にとっては…。
ここままだと来年春にはキャッシュアウトします。銀行団からの融資にはエクイティ注入が必須ですが、ソフトバンクにとっては難しい選択です。ダウンラウンドで本体のPLも大きく毀損してしまう。SVF2号レイズも苦しい。これまでの逆回転ですね。

いまやNYの最大の商業不動産の借り手となったWeworkが苦難に陥れば不動産市況にも影響必至です。そしてIPO市場で投資家は企業の収益性とガバナンスにより厳しい見方になるかと。ユニコーン同士の大型合併が出てくると予想。
まさかこのまま営業を止めて会社をたたむ訳ではないので、一時的なことだと思います。
しかし、1か月前には想像できなかった展開ですね。
今回社長を離れたアダム・ノイマンが一番ほっとしているのではないでしょうか。
この状態では夜も眠れなかったと思います。