新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中でも注意喚起がなされていますが、このような疫学研究が示すことは、2つの事柄のなんらかの「関連性」であって、「因果関係」ではありません。

言い換えると、この研究は、「1日3時間以上のSNSの利用が精神疾患を導く」ことを示した訳ではなく、「長時間のSNSの利用と精神疾患の間には何らかの関連がありそうだ」ということを示唆しただけです。

例えば、因果関係を前提に議論をしてしまうと、SNSの利用を制限せよ、となるかもしれません。

しかし実際には、精神疾患の素因のある方がより長時間SNSを利用するという逆転の因果関係が成り立っているのかもしれません。その場合、SNS利用を制限する取り組みは、精神疾患を患った患者の現在の「逃げ道」を絶つことになり、むしろ状況を悪化させる取り組みになってしまうかもしれません。

このように、研究結果を正しく解釈しないと、事態を悪化させることにつながる恐れすらあります。

「因果関係」を証明するには、介入研究など、別の手法を用いた研究を追加で行う必要があります。研究結果が何を証明しようとしているのか、そこをまず見極めることが大切です。
SNSはメンタルがやられるのは事実だと思います。それは慣れることで、多少の免疫はつきますが根本的な解決にはならないです。ただ人と関わればメンタルがやられるリスクが生じるので孤独の大切さが見直されるのではないかと思っています。
「データは事実は語るが、真実は語らない」…最近、まさに時々引用する言葉が、ぴったり当てはまる記事ですね。

要因分析ができていない状態で、こういった「たぶん関係ある」という分析をしても、ほとんど意味がありません。

「SNS使用時間」と「精神疾患リスク」の関係式は、単純なものではありませんし、他にも支配的な要因がある可能性もありますよね。

「仮説とも言えない推論」を、このような「断定的な記事タイトル」でセンセーショナルに報道するメディアは信頼できないと個人的には感じます。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.16 兆円

業績