新着Pick
468Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
赤でもいいからトップ取れ > 早期黒字のほうが良い
この程度の宗旨替えならあまり驚きはない。むしろ言いそう「はなから黒字化に反対した事など一度も無い」くらいは。

そうではなくて、これくらい言うならわかる。
世界最高VCセコイアが2008年に全投資先に出したおふれ、RIP Good Times
https://www.sequoiacap.com/israel/article/rip-good-times

今これを言って一番効く、あるいは言うべき責務があるとすら言ってもよい人がいるとすれば、世界でこの人ただ一人だろう。

それは兎も角も、起業家は今の局面この56ページのスライドを復習するに越した事は無いでしょう。
これ結構大きなインパクトが世界的にありそうです。

WeWorkの失敗を踏まえてソフトバンクは投資方針を
大きく変えるというメッセージと
私は理解しました。

実際にソフトバンクが投資の運用レベルで
スタートアップに黒字を推奨するようになると、
これまでのような大赤字を垂れ流しても規模を追求する成長モデルは
評価されにくくなるので、
スタートアップやそれを支援するVCファンド側が
大きな戦略転換や行動変容を起こすことに
なるかもしれません。

自分の過ちを素直に認めて、
迅速に方向転換するところは、
さすが孫さんだと、思います。
孫さんが言うと明らかに重みが違う。今後のベンチャー経営に少なくない影響を及ぼす事は間違いないと思います。今までも「冬の時代到来」という話は随所で出ていたのですが、WeWorkが決定打となって、より厳格な経営をベンチャーにもとめていくようになっていくと感じます。

しかし、VCはもともとリスクマネーの投資を仕事としているわけで、「リスク」のある状態から、よりハイレベルな経営に向かっていくための支援をする仕事をしているという認識なので、私としては、ある意味大して変わりないのでは?という風にも思います。

テクノロジーを社会実装するためには、多くの資金と多くの優れた人材が必要です。その事実をしっかり理解していただける投資家とのリレーションを創っていけるよう、オープンでクリアな情報発信をしていきたいと思います。
君子豹変す!w やっぱり孫さんは凄い!w 過ちを認めてすぐに軌道修正。

孫氏早期黒字化の必要性を指摘するとともに、良いガバナンスの重要性を説いた。他の株主よりも創業者を優遇する多議決権や複雑な株式構造などの仕掛けを上場株の投資家は許さないと孫氏は論じ、株式公開を検討する数年前の時点で体制を整えるべきだと述べた。
総員!厳冬に備えよ!ワシが冬入りのスイッチを押してしもうた!
想定通りに進むことなど皆無、
進むならば経営者やマネジメントなんて不要ですもんね。
いまでも朝令暮改どころか、昼には変わってます。
しかし、これが病みつきになります(笑)

想定外をなくすべく、深い考察をしておくことが重要だと改めて。
孫さんはディフェンスが凄くしっかりしている人。ガバナンス、リスク、コンプライアンスや財務のサステイナビリティなど。でも最近の起業家の中にはオフェンスのみ(話題性やトップライン)という人も多くて、ここはビジョンファンドの大いなる潜在リスク。
な~に言ってんだか。
それにNPのコメント、崇め過ぎだよ。読んでて気持ち悪い。
自分の意見ないのかね。間違いなく投資家には向いてない。
行動がはやい!非上場企業、特に米系ベンチャーは種類株の特殊性からもガバナンスが課題と多くの投資家が思っているだろう内容にげんきゅうしている!一方で、既存の上場企業へガバナンスにはモヤモヤは残りますが‥

> 早期黒字化の必要性を指摘するとともに、良いガバナンス(企業統治)の重要性を説いた
やはりウィーワークを「失敗」と捉えての発言でしょうか。
前CEOとなってしまったウィーの創業者ニューマン氏によると、孫氏は彼の奇抜ぶりを買っていて「もっとクレージーになるべきだと考えていた」という。
それからすると、今回の発言はだいぶ違う印象です。

孫氏との関係も出てくるニューマン氏についての記事はこちら:
ウィーワーク創業者、「型破り」な手腕の功罪
https://jp.wsj.com/articles/SB12696131808382783557304585561282936376448
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績