新着Pick
137Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日本のランキングが著しく低いのは、何かが大きく足を引っ張っているのではなく、全ての項目において評価が低いことが原因である。具体的に言うと、賃金については最下位、ワークライフバランスについても最下位、子どもの教育環境についても最下位であった。」
かつて80年代90年代にはあった日本への尊敬や憧れは、
全く存在しなくなってしまったと考えて、
戦略をたてる必要がありますね。

厳しい結果だけど、これが正に現実ですね。

失われた30年をどう取り返していくのか?
「外国人が働きたい国」で日本が33カ国中32位。賃金とワークライフバランスとのこと。せめて、ベストテンを目指しましょう。
>日本人が海外で「出稼ぎ」する未来も?

日本の博士課程の学生が,海外インターンで出稼ぎに行くのは良く聞く話です.
私もそうだった
シンガポールで稼いで、日本で使うというのが一番効率良い
外国人が働きたい国ランキング。33カ国中、シンガポールが上から二番目の2位、日本は下から二番目の32位。

どの国も、その国だけを見ていると井の中の蛙になりがちで、比較することで見えてくることも色々とあります。

記事にはありませんが、英語使えない(使う会社は見つかるけど生活で)のは大きいかと思います。自分も木金でホーチミン行ってましたが、英語通じないのはほんとストレスでした。

この駐在員アンケート、結果に疑問は無いものの、実際その国に住み、働いてみないとよく分からないと思うんですが、どういう回答結果なんでしょうね。
これは深刻な問題。ただグローバル企業での賃金は国別は物価調整が入るだけで、基本は同じだと思うのと、ワークライフバランスも今の日本は残業は殆どない割に休日が多い。街の住みやすさは高いと思う。教育環境はイケてるインターが少ないので改善の余地はありまくる。そう考えると最下位ということはないと思うけど、昔の悪いイメージを引きずっているのでは??そう考えるとPRの問題ではないかと思うけど、実際はどうなんだ??


日本のランキングが著しく低いのは、何かが大きく足を引っ張っているのではなく、全ての項目において評価が低いことが原因である。具体的に言うと、賃金については最下位、ワークライフバランスについても最下位、子どもの教育環境についても最下位であった。

この結果を見る限り、国が違っても、ビジネスパーソンが求めるものにそれほど大きな違いはないことが分かる。今の日本でもっとも大きな課題となっているのは、低賃金、長時間労働、子育ての3つであることは誰もが認める事実だろう。日本は全ての項目で評価が低いので、全体のランキングも下がってしまっただけだ。ここで国際比較うんぬんは関係ない。
まずは日本人がもっと楽しく働くこと。
やりたいことの構想を持って対話をすること。
答えは簡単「頑張っても報われない」この一言です。

給与に関して言えば、未だに多くの場合「提供価値」に対して報酬が支払われず、「労働時間」「年功賃金」といった旧態依然とした仕組みが大半です。

給与の絶対値も課題ではありますが、それより「提供価値に相応した報酬が得られない」という非合理性が一番の問題ではないでしょうか?
働き方改革の必要性を再確認しました。