新着Pick
965Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィットネス界の新星「ペロトン」が上場、取引が始まりました(午前6時現在)。新規株式公開価格を10%ほど下回る価格になっています。今日の終値はいかに・・・

NYでは朝から、ジムでバイクをこいだりランニングしたりと、(ちょっと異様なほど)体を鍛えまくっていますが、アメリカ人の成人の20%がジムの有料会員。そして皆、ジムに結構なお金を支払っています。

その中で、ペロトンのフォーリーCEOが説く「ジムと宗教」の関係論がとても面白いです。かつては日曜に教会に行くなど心理的な宗教とのつながりを持っていた米国人は68%(1975年)、それが40年で42%(2015年)まで落ち込んだ。忙しい現代人が教会に行かなくからといって、かつて得ていた、「人とのつながり」や、「導き」などが必要なくなったのではない、というのがCEOのポイントです。そこから→「フィットネス」というのがとても新しい。

WeWorkのIPO延期、CEO辞任などのニュースが出て、赤字を垂れ流す事業への風当たりが通常以上に厳しくなっている中でのペロトンIPOとなりました。実力以上の評価額がついていたのかどうか、今後もこの点が議論されそうです。
連続起業家には、時価総額や顧客資産(顧客数)をあげればいいという人が多い。利益は度外視。まずは顧客数を集め、売上を伸ばす。投資家を口説いては、資金を調達。他人のお金で赤字ビジネスをカッコよく見せ、売りぬける。時代の徒花。
宗教に代わるコミュニティとしてのフィットネス、斬新な視点ですね。WeWorkもコミュニティビジネスの側面ありますが、既存産業を塗り替えるコミュニティ×サブスクリプションというのは今後増えていくのかもな、と妄想。
継続率がさらに上がらないと収益化しないモデル。投資家は当然計算していると思いますが黒字化するために必要な平均継続期間ってどれくらいなのでしょうね。継続期間を上げるのが難しいとすると、サービスの値上げや物販で短期間でも会員あたり売上を伸ばせる別な仕組みが必要。

とても気になるのは、流行り廃りが激しいフィットネスの世界で継続性を高められるか。5年、10年と続けているフィットネスって、みなさんありますか??人が長い年月続ける運動といえば、ランニングなどシンプルなものに収斂していくのが私の体感値です。

いまは派手な流行っぽいけど継続性を高める運動にシフトできるか、あるいは一定期間で離脱するが新規を獲得し続けて、泳ぎ続けないと死んじゃうマグロモデルを追求するのか、注目したいと思います。
自宅でロードバイクをTacx-NEOに装置して、Zwift(月1,500円)を楽しむ光景は世界中のロードバイク愛好家(ローディー)の中ではかなり浸透してきましたが(私も愛用中)、リアルなコーチング機能がある点は大きな違いですかね。

でも、体重がバイクに乗る分、45分で700キロカロリーは計算上あり得ないと思うんですが。かなり体重が重たい人を基準にしてるんですかね。
ゲーム性を高めたり、コミュニティを作ったり。熱量や継続率の高いゲームと同じ手法をうまく取り入れていると思いました。
また、単純にコンテンツを差別化するだけでなく、ハードも作るという大胆さがすごいです。
連続投資家ということで資金が集まると考えていることと、ビジネスへの自信なのかなと感じました。
何かでtoCサービスとしては驚異的なチャーンレート(解約率の低さ)と聞きました。最初にバイクを購入するから、途中でやめるの勿体ないって思うんですかね?
やっぱり宗教的になるんですよね。
それにしてもアメリカ人は結構なサブスクリプションを払うことに抵抗ないんですかね。ペロトンに限らずいつも思うことですが。
日本でも流行っているFEELCYCLEへ通っていましたが、1クラスで数十人が参加し群衆の一体感が快適感へ繋がりますが、日本の住宅事情からするとあれを自宅へ取り入れるのは難しいです。
さすがは米国。(本題から争点が外れて、恐れ入ります)
ここまで時価総額が膨れ上がるのはバブルだけど、フィットネス最中のながら試聴にはニーズがあると感じていて、VRゴーグルとかも使えないのかな、でも危ないかー、みたいなことを考えてる。だがしかし専業なんて成り立つのか?びっくり
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。
時価総額
6.87 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
127 兆円

業績