新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
四季のある地域と異なり、熱帯地域では通年にわたりインフルエンザの流行が起こります。沖縄が熱帯というわけではないですが、今年は沖縄県で流行が夏期の間にも比較的絶え間無く生じており、そこから持ち込まれているものかもしれません。

流行期を決める因子は諸説ありますが、研究で明確に分かっていることはそれほどなく、熱帯地域への渡航者の数や、小さな子供たちの免疫と持ち込まれたインフルエンザの相性などが関連するかもしれないというのが研究である程度明らかになっています。流行は免疫力の比較的弱い小さな子供たちから起こる傾向にあるからです。

これが冬季に見られるような本格的な流行に繋がるかどうかは不明ですが、予防するに越したことはありませんので、手洗い、そして流通が始まりましたら、ワクチン接種をお願いいたします。
昨シーズンよりも早い流行期入りですか…。
気象庁が発表した「3か月予報」では、今年は暖秋・暖冬だということですが…影響はいかに・・・?

インフルエンザの流行には、気温や湿度と密接な関係があるといいます。
冬場に流行期を迎えるのは、寒さと空気の乾燥が影響しているそうです。

寒ければ寒いほど…厳しい寒さと空気の乾燥状態が続くことで、のどや気管支の防衛機能が低下し、ウイルスに感染しやすくなるとのことです。

今はまだ日中は残暑を感じますしまだまだ寒さは遠くに感じますが、暖冬予想であっても、冬は必ずやってきます。
こまめなケアや予防接種などをするなどして、流行に乗らないように気を付けましょう。
こういう基準なんですね。
それにしても2ヶ月も早いとは。予防接種の時期でもないのに。。。

東京都によりますと今月22日までの1週間で都内419の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1つの医療機関当たりで1.06人となりました。

都は流行開始の目安となる「1人」を超えたとして、26日、都内でインフルエンザの流行が始まったと発表しました。
すでに我々の施設でも報告されています。
今年も皆様にはインフルエンザワクチンを打って頂き、集団としての拡散を減らす試みをして頂ければと願っています。

インフルエンザになってから抗インフルエンザ薬を飲んでも重症化や感染の予防にはなりません。

ワクチンを打って、インフルエンザにならないことで自分の大切な方々をインフルエンザから守りましょう!

予防として効果的なのは、ワクチンのほかに手洗いうがい、そして加湿が良いとされています。
これだけ早く流行するのは聞いたことないですね・・・
インフルエンザの唯一の有効な予防法は、ワクチン接種です。患者さんには10月中にワクチン接種をするようにおすすめしています。
夏が終わったと思ったら、もうインフルエンザ…!
早いなあ。よわったなあ。
世界中に大都市があるのに、何故、日本だけ予防接種している人も多く、マスクしている人も多いのに、毎年大流行するのでしょうね?

他の国では、マスクしている人なんかいませんが、メディアなどで大流行したというニュースは観たことがありません。

日本は医療費負担が小さいので、すぐに医者に行きますが、米国でインフルエンザが大流行したら、貧困層は医者にもいけず、大変なことになるでしょう。

何故、日本で流行するのか?理由が知りたいです。
夏が終わり秋らしくなってきたなと思っていたら、もうインフルエンザ!早いっ!
予防接種をいつ受けるか困りますね。。。
ぬおー