新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WeWorkのダウンラウンド、IPO延期、ガバナンス上の課題等でビジョンファンドの投資意思決定に関して懐疑的になっている事が与信枠譲渡というリスク低減の判断に繋がっているのだろうと推察します。
融資は予想損失(EL)をスプレッドでカバーしつつ、潜在損失(UL)を自己資本でカバーすることで成り立つ。そのため、1社に対する与信が大き過ぎるとテールリスクへの耐性が失われる。よって、どの金融機関でも1社限度を設けている。ましてや、ソフトバンクは社債が投資不適格になっているように、予想損失が高い融資先になるが、それに見合うスプレッドが取れているかは疑問である。したがって、特に驚かない。

なお、ウイワークをはじめとする投資先(SVFも連結されているので、SVFの投資先の状況はSBGの財務に直接影響する)の評価損益次第では、債権の価格が更に下落する可能性もある。急ぐに越したことはない。
SBG株はweworkの話でも意外に底堅かったのですが、これは‥ あとは機関投資家にとってお腹いっぱいと予想されるSBG 社債の個人投資家さんへの売れ行きにも影響出るのか、、、
ゴールドマンが、ソフトバンク・ビジョンファンド向けクレジットラインを部分的に譲渡してリスク削減中。更に、50億円程度の小口で切り売りするとの報道。

邦訳には出ていないが、昨年のシンジケート組成段階で、会社側とラインの譲渡に関しては合意しているとのことで、既定路線と理解していいのではないか。
バランス・シートのエクスポージャーを減らす事が出来て、フィー・ビジネスと出来るのであれば、アセットを売却するのは、当然の判断です。
ソフトバンクとゴールドマンは共に歩んできただけに痛いですね。
ゴールドマンは、ソフトバンクグループのビジョンファンド向けにアレンジした31億ドル(約3340億円)の与信枠について、リスク低減を図るため他の金融機関に与信枠の一部を引き受けるよう打診したとのBloombergの報道。
ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc.)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。株式・債券・通貨・不動産取引のブローカーであり、貸付・保険・投資銀行業務にくわえ、プライベート・バンキングも行う。GPIF年金運用委託先の一つ。元幹部が1MDB汚職事件について、アブダビ系ファンドの内外から巨額の資金流用に関わった。 ウィキペディア
時価総額
8.49 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績