新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5年ほど前からYahoo!カーナビ一本です。
使いやすいし、私的にはルートも適切、レスポンスも良い。
GPS測位不能なトンネル内の挙動も不満ありません。

純正カーナビを使う理由がどこにも無い。

LINEカーナビも今度使ってみます。

〈追記〉
車のテレマティクスもそうですが、家電や家でコネクティッドな話って、そもそも寿命が長い耐久消費財と技術革新のスピードが全然一致しないと思うんですよね。

今最新にしたところで数年先には陳腐化する。

なので、技術革新が速い機能はなるべく別にしてアップデートできるようにし、それらと長期にわたって接続できるユニバーサルな基盤をあまねく実装すべきだと思います。
先週末、トヨタモビリティ東京の営業担当者と話しました。新型カローラセダンは上級モデルにカーナビやドラレコをつけると諸費用込みで300万円を超えてしまいます。
かつての国民車カローラのイメージからすると、かなりお高くなった印象です。サイズアップ、安全装備標準の流れの中では仕方ない部分もありますが、ナビの主役がスマホに代われば、コストと利便性の両面でユーザーメリットは大きくなりそうです。
「カーナビ市場」という言葉を使っている段階で、かなり残念です。もう、今の時代は「カーナビ」という市場はないという理解が正しいと思います。

いつまでも過去の成功体験にしがみつき、その価値観を捨てきれずにいると、新興勢力にディスラプトされてしまいます。

世界的に見れば、ナビゲーションサービスは、GoogleやBaiduが主流で、それらのサービスは「ナビ」というより「MaaS」に近いものに進化しています。

大きなサービスのうちの、ほんのひとつの機能である「ナビ」に関して、未だに「カーナビ市場」というくくりで考えることのリスクの大きさを正しく認識すべきではないでしょうか?

ナビゲーションのサービスは「カー(クルマ)」だけではないですよね?公共交通機関、タクシー、徒歩、自転車など対象はいろいろです。

ですから「カーナビ」という狭い概念は、適切ではないと思います。
多くの識者の方がカーナビ市場は大きく縮小していると思い込んでおり、「あれ、そうだっけ?」と調べてみました。

下記のJEITAのリンクをご覧下さい。2019年の国内出荷台数はなんと前年比で下回っている月はほとんどありません。2018年も同様。2017年も同様。つまり、カーナビ市場は伸びているのです。儲かっている業界では無いとは思いますが。世界的にも伸びています。

イメージで語るのは危険です。自戒も込めて。

2016年 417万台
2017年 582万台
2018年 614万台

https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/shipment/2019/index2.htm

https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/shipment/2018/index2.htm

https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/shipment/2017/index2.htm
何が具体的に出てくるかわからなかったトヨタさんとのコラボから
ついに商品が出てきた。
音声認識を無理して開発しつづけてきたことが、
ここで花開くか。

「ナビ機能に関してはトヨタのハイブリッドナビエンジンを利用。これにLINEが展開するAIアシスタント「Clova」を介して音声操作を可能にしたものである。」
"車載器とスマホの接続プラットフォームであるSDL(Smart Device Link)に対応"ヤフーカーナビのヘビーユーザーですが、記事の指摘通りspotifyと同時に使うとかなり温度が上がります。車載機との接続は素晴らしい解決策
LINEとしては先行する中国テンセントを習った、王道の戦略ですね。

Googleはもちろん、Yahoo!のナビもかなり高性能なので、どのくらいのクオリティか気になります。
LINEがどこまで作れるのか気になりますが、地図データを握るのはある程度コストがかかるので、どこまで地図をメディア化するつもりがあるのか、正直気になるところではあります。地図やる気あるのかな?
LINEカーナビ。
「ナビ機能に関してはトヨタのハイブリッドナビエンジンを利用。これにLINEが展開するAIアシスタント「Clova」を介して音声操作を可能にしたもの」LINEとトヨタのタッグというだけで計り知れない力を感じます。
何はともあれ、地図を読めることが大前提なんですけどね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.6 兆円

業績

業績