新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
注目のZOZOの動き。これはYahoo! の買収前に決まっているはずですが、中古領域に関しては「スケールよりも効率化」に舵を切ったと言うことですね。狙いは恐らく査定の効率化、買取依頼の回収率の効率化。

買い替え割では、過去にZOZOTOWNでの購入が前提となり、そのデータが使えるためAI査定により査定の効率化が上がるでしょう。

また、宅配買取はあくまでもユーザー任意の依頼で内容物の事前把握は正確にやりづらく、専用バッグを送っても回収されないケースもあります。一方、買取替え割ならユーザー・ZOZOともに買取価格がわかるため回収率が上がるでしょうし、宅配買取の時のような「買取価格の同意」などのやりとりも減るでしょう。

これによって「買取件数自体は減少→在庫は多少減る→ユーズドの売上は減る」ということになります。しかし、これも織り込み済みのはずで、2020年3月期のユーズドの目標は169億円 成長率-0.4%で組んであるからです。

さらなる展開としては、ヤフオク!とどう連携していくのか?が気になります。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,205 億円

業績