新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトル見てアップルも入ったのかと驚きましたが、Apple、Google、サムスンは、やっぱり入りませんよね…
シェア争いで主となる企業は入ってないですね。都度ウェイクワードを呼びかけて各社サービスが使える事にどの程度利用者が価値を感じるのか。この辺りは気になるところです。
音声認識アシスタントがディバイスフリーになる。これは便利ですね。新アライアンス「Voice Interoperability Initiative」(音声相互運用性イニシアティブ)はアマゾンのアレクサを中心に広がりを見せています。

やはり自分の専用アシスタントを育てたいと多くの人たちが思っています。
この取り組みは、スマホでいうと、同じデバイスで複数のOSやアプリストアに切り替えられることに相当する。
ユーザーが、用途に応じてOSやアプリストアを切り替えられるのは、便利とも取れるし、複雑とも言える。

=補足=
スマホと音声アシスタントを比較すると、
・スマホのアプリが、音声アシスタントのスキル
・スマホのOSやアプリストアが、音声アシスタントのウェイクワードやスキルストア
に相当する。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
196 兆円

業績