新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
契約書への記名捺印は、契約の成否には関係ありません。
契約書は、かくかくしかじかの内容で双方が契約をしたという証拠にすぎませんから。

メールでのやりとりでも立派に契約は成立します。
それを考えると、本サービスは様式や保管上での便宜なのでしょうか?

ブロックチェーンのスマートコントラクトは、違反したら即強制執行ができると言われています(どういうシステムでやるのか詳細は知りませんが)。

最終的には、その方向性を目指しているのかもしれませんね。
海外やシンジケーション案件をやっていて一番楽なことは弁護士が契約書の事務や保管をやってくれることです。

日本でもクラウドだとさらに便利になりそうですが、個人の連帯保証人の面前自書とかの手続きは残るのでしょうね。
どんどん進めてほしい。
契約内容によっては契約書の交換が義務付けられているものはあります。こういう契約では口頭だけの了承では契約成立したことにはなりません。規制緩和でそれらの契約形態もクラウドサインで代替できるようになっています。

保管の利便性もありますが、契約更新時期の自動通知や契約書の検索といった利便性もかなり高いです。あの契約書どこいった?ってのを探すのが若手法務部社員の仕事だったりすることが多々ありますので。

でもこれ今のクラウドサインとどう違うの?銀行が自分の顧客との契約に優先的に使ってくれるってことなんだろうか?
株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.47 兆円

業績

弁護士ドットコム(べんごしドットコム)は日本の法律ポータルサイト及びその運営会社。弁護士のマーケティング活動を支援する無料法律相談や法律事務所の検索サービスを提供している。 ウィキペディア
時価総額
1,119 億円

業績