新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結局、トランプ大統領の目的は、自分が強いという姿をアピールし、来年の大統領選に向けて自分の支持者を繋ぎ止めることに他ならない。世界がどうなろうと、自分ファーストなのだ。ただし、選挙向けのパフォーマンスである以上、本当に軍事行動に出る可能性は低いと見られている。一方、マクロン仏大統領とメルケル独首相は、何とか事態の悪化を最低限に抑えながら、来年の選挙でトランプ大統領が落選することを懸命に祈るばかりである。要するに、トランプ政権を信用していないのだ。
「圧力は最大。ただ、大戦争になりかねないため、攻撃は避けたい」というトランプ政権の反応。イランはそのパターンを踏まえて動いているようにみえます。
トランプ大統領は国連総会で演説を行いました。
イランに対しては、最大限の圧力をかけ続ける方針を強調。
また、中国に対してはこれまでの貿易慣行を批判。香港で続く抗議活動にも言及しました。
【貿易、香港問題で中国批判 トランプ米大統領】
https://newspicks.com/news/4249303
昨晩、半分眠りながら聞いていました。
国連総会でのアメリカ大統領の演説なのに、雰囲気が白けていたような感じがしました。

演説内容には真新しいものはありませんが…ふと思ったこと。

イランについて「脅迫的な行為が続くかぎり、制裁は解除されず厳しくなるだろう」

トランプ大統領さんの言動もかなり脅迫的だと思うのですが…
テイストはだいぶ違いますが。
これでまた原油上がってしまいますね。