新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事務が支店に分散していたこともネックですが、事務の削減については印鑑文化や手形文化が最大の問題。
印鑑の押した書類があるから営業の事務負担や事務事故が減りにくいと思う。

国際金融ではサインした契約書をPDFで交換するだけで契約は成立する。(例:英国法)
銀行で現物と呼ばれるるもの(印鑑が押してある書類、手形、権利証など)が無くなればさらに事務に合理化が進む。
これらに現物を無くす法案を検討すべきだと思います。

また、銀行では多くの「異例取引」と呼ばれるものがあり、顧客に合わせて支店が独自の事務処理を行なっている場合があり、これをセンターに集中することは難しいので営業担当が顧客と交渉する必要が出て来くることがあり事務集中が終わるまでは逆に現場の負担は増えることもある。
かなり前から本部一括処理などは進んできましたが、いよいよ支店での事務処理がなくなると大きく変わりますね。
銀行の仕事の大部分が事務処理でしたし、事務処理を正確に行うことこそが求められていましたし、万一間違えた際はその訂正、報告など多くの時間を費やしていました。
営業担当者も事務処理から離れることは難しく、営業して帰ってきてもその後が大変でしたが今後は顧客対応に割ける時間が大幅に増えることになるのですね。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.33 兆円

業績