新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは取り上げて欲しい記事です。
日本にとって絶対に落とせない「日本のインフラ輸出」案件でしたので合意に達して良かったです。

ただ、昔、ジャカルターバンドンでは元々日本が発注する予定でだった案件が中国勢の攻勢が激しくひっくり返された経緯があるのでファイナンスが付くまでは油断はできないと思います。

記事にある官民パートナーシップというのはPublic Private Pertnership(PPP)と呼ばれている枠組みで、インドネシア政府は借入債務ではなく民間業者により鉄道が運行された場合のみ支払いが実施される商業契約上の債務を追うのみなので国の格付けへの影響が軽くなります。PPPへの拘りは投資適格を取得して間もないインドネシアが財務規律を重視している結果だと思います。

鉄道案件は日本の得意分野であり、日立による英国の高速鉄道を始め、タイの鉄道、ドバイの地下鉄やインドの新幹線等、海外展開が進んでいて、車両納入や建設のみならず鉄道運営システム全体の輸出とそのファイナンスという様々な観点から、日本にとってはビックビジネスです。