新着Pick
302Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コクヨが直接取得をするためにはぺんてるの取締役会の承認が必要だった。それがなければできないわけだが、これまで反発してきた中でそれを認めたということは、このまま膠着することが他の株主含めた反発につながり、結局プラスにつながらないといった判断があったのではないだろうか。
下記が8月頭の解説記事、併せてご覧いただきたい。
https://newspicks.com/news/4107302
もう対立している場合ではないという感じか。私はオールドスクールなカルチャーで社会人生活を経験したので、ノートとペンは必須なんだけど、今の会社は驚くほど書かない。今となっては、これが普通なのかもしれないけど。文房具がんばれ!
コクヨとぺんてるは、懐かしい子供時代を思い起こす名前です。
日本での事業だけでは両社とも頭打ちだと思うので、2社手を取り合い懐かしいブランド名は残して欲しいと思います。
どちらも、子供の頃から馴染み深いブランド。
歴史が長いだけに乗り越えるべき壁もあるだろう。
上手く折り合って、頑張ってほしい。
コクヨにとってぺんてるは、どうしても手に入れたい恋しい恋しい相手だったのでしょう。押しの一手に、ぺんてるが折れた。
流れが変わったようです。
ーー
これまで反発してきた「ぺんてる」側も24日の取締役会で株式の取得を承認し、両社は協力関係を築くための話し合いを始めることでも合意しました。
ぺんてる側は、どう社員たちにこの経営判断の意図を伝えるか、慎重な言葉選びと行動が求められそうです。

従業員たちの気持ちひとつで、描いた未来予想図の実現度合いは変わります。
ブランドは残しつつ一緒になっていく方向ですかね。両者の強みを互いに保管しあえるのは良いですね
コクヨ株式会社は、文房具やオフィス家具、事務機器を製造・販売する会社。 ウィキペディア
時価総額
2,041 億円

業績

ぺんてる株式会社は、東京都中央区日本橋小網町に本社を置く、大手文具メーカー。創立は1946年。旧称は大日本文具株式会社。現社名の由来はpenと伝達の意味を表すtellを合成した造語(ペンで伝える、といった意味)で、1971年に社名変更。しかし、元来の意味はペインティングとパステルの造語であり、同社が送り出した新開発パステルの商標であった。 ウィキペディア