新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
防衛と貿易黒字の大半を頼る超大国との2国間交渉という厳しい環境のなか「米国が自動車への追加関税を発動しないと明記する方針で、数量規制を実施しないことも申し合わせる」というのは立派な成果だと思います (^^)v
ただ・・・ 最終的には25年後とはいえ、TPPでは、米国の自動車関税そのものの撤廃が約束されていたのです。追加関税と数量規制という元々想定外のもの実施しないことと引き換えに自動車の米国側の関税撤廃が消え去って、農畜産物等のかなりの部分でTPP並みまで譲歩したのであれば、残念ながら、TPPから離脱して2国間交渉に持ち込んだトランプ大統領の完勝ではありそうです。今回の交渉にあたった関係者の責任では必ずしもないけれど、何を守ることが日本の将来にとって本当に大切か、ということを考えず、ひたすら農畜産物の関税に拘って工業製品で譲り続けた我が国の泣き所を再び突かれとの感は拭えません。(*_*;
日本の自動車産業にとってはほぼ満額回答のようなもの。茂木氏は立派な仕事を実現した。夢のよう。唯一心配は通商問題でない国家安全保障の課題で残る通商拡大法232条のところ。まさかではあるが。
茂木大臣は会談の後、報道陣に向かって右手の人差し指と親指で◯をつくりました。大臣のとしては十分な内容なのでしょう。さすがのトランプ大統領も日本とは事を構えることはしなかったとみられます。安部首相とトランプ大統領の首脳会談の後、トランプ氏はいきなり「中国が買わなくなったトウモロコシは日本が全部買ってくれる」と発言して驚きましたが、これは今回の貿易交渉とは少し違う話で、フェイクに近いプロパガンダだっようです。
午後に自動車株価が一段高となるかと思いきや、それほど。また朝からもそんなに強くない。ただ、このところ自動車株の不可思議なほど上昇していたので既に織り込み済みの、トウモロコシのあたりから多くの投資家にとっては既定路線だったのかな?
トランプ大統領は先日のフランス・ビアリッツでの記者会見で、232条発動について「私がやりたいと思えば、後になってやるかもしれない」と含みを持たせた言い方をしていました。茂木外相が「心配するような内容にはならない」という点、共同声明でどのようなワーディングで将来にわたって発動しないことが担保されているのか、あすの首脳会談を待ちたいと思います。
農業関係者と自動車業界が満足できる結果であっても、通商政策としてあるべき結果とは違うかもしれません。
自動車関税が除外されて、WTO違反のFTAを締結することは、今後、他国に高率の関税撤廃を要求できなくなる大きな問題を抱えることに気づくべき。
今だけ乗り切ればいいというのは通商政策としては問題。
こうしたことも含めて、総合的に評価すべき。
茂木大臣、インタビューでホッとした表情でしたね。
本来貿易交渉は、政治交渉であるべきですが、トランプ大統領の交渉はビジネスディールなので、細かいところで噛み合わないのには、日本以外の国も苦労させられています。

トランプ大統領は、アメリカが世界一の大国ゆえに他の国も渋々従っていることは自覚した方が良いかと思います。
米中貿易交渉がまとまらないうちに妥結出来て良かったと思う。中国が片付いた後だとどんな無理難題吹っかけられるか分からんからね。
同盟関係と貿易のディール。
日米貿易協定に合意に達したなら良いことです。
最後に、首脳会談で、もうひとこと、と押されないように願いたいです。