新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「内臓脂肪を減らす」「尿酸値を下げる」などの機能性のノンアルコールビールがどんどん増えてくるとのこと。ノンアルコール飲料市場は、2019年には前年比103%と伸長予測でありビール市場では数少ない拡大市場です。まだこの市場は伸びるでしょうし、健康が気になる現代人にとって薬の様な効果が兼ね備えているノンアルビールは一定の需要はありそうですね。

でも、基本的には新しい製品ですが大手間での差別化はできないので、最終的には価格や広告での競争となり厳しい市場になるでしょう。

こういう製品でも他の大手が出せない「差別化」製品が出てくると市場も盛り上がって面白いのになぁ。難しいか。。。
食品や飲み物が尿酸値に与える影響、食生活の変化による痛風の改善効果はともに限定的であることが複数の研究結果から示されており、「〇〇を食べなければ痛風にはならない」というような言い伝えは皆様の理解に反してあまり科学的ではないことが知られています。

節酒が痛風発作の頻度を下げることは知られていますが、新商品を飲んだら「尿酸値を下げる」などと大々的に謳っては誇大広告だと思われます。しかし、アルコールの摂取量を減らす公衆衛生的な取り組みであれば応援したいと思います。
脂肪や尿酸値を増やさないならともかく、減らすってすごいですね。最近ゴルフに行ってもノンアルビールが美味しくなったおかげでビールを飲みたくなくなりました
ノンアルコールビールは軽減税率適応外とのこと。
こんな理解不能な定義で本当に良いのだろうか。
ビールメーカーは機能性ノンアルビールの開発を進めるのかもしれないが、国内は良いにしても、国際競争力ってそれでつくんだっけ?という部分が疑問。
また日本だけガラパゴス化して気づいたら国際競争力低下、なんてことにならないといいけど。。
確かに「安い」「美味しい」に加えて「健康に良い」という、三拍子が揃えば売れそう。地方の自動車生活だと、懇親会や付き合いにはノンアルコールビールはすごく便利。ひどく酔っ払うのはもう流行らないし。(笑)
ノンアルだと軽減税率が適用されますので、これを機にノンアル市場が広がっていくのでしょうか?新商品が次々と出てくるならばリピーターが増えそうです。個人的にもノンアル製品しか飲まないため、これから様々な商品が出てきそうで楽しみです。韓国ではノンアル製品が無いので帰国してからは時々飲んでいますが、ビール系よりはカクテル系が多いです。原材料にも気をつけてどんどん自然なもので製造できるように期待しています。
〜〜を減らす、〜〜を下げるっていう機能性飲料は難しいですよね。人間の体は様々な要因で変わるので、特定の何かを多く摂取した=脂肪が落ちた、という直接の方程式は成り立たないと思うのです。それこそが、トクホの強みですよね。

トクホの飲料をたくさん飲んでも、効果検証する人なんかいません。言い方わるくなっちゃいますけど、結局、気休めなのかなぁ。気休め程度なので身体は変わらず、この手の飲料が消費し続けられるというメカニズムになってる気がします。
紅茶サイダーな味。

尿酸値減らすなら乳製品を摂取した方がいいですよ。
日中はこれを飲んで体を整え、定時後はビールをいただく。
うーん、イイね!
消費増税がさらなるノンアルビールの拡大機会になるとは思いませんでした。なるほど。
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2,752 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン