新着Pick
350Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
動機に関わらず、職場を去るということは、上司を含む残るメンバーに何らかの一時的負担をかけますし、これまで培ってきた「信頼関係」の輪から抜けるわけなので、嫌われるは言い過ぎとしても、どうしたって多少の精神的ギクシャクは起きますよね。これは仕方ない。

「辞める」と言い出すと、給料のアップや条件改善を試みてくる、俗に言う「カウンターオファー」ですが、ワタシはこれ、絶対に受けるべきで無いと思う。ワタシ自身、されても受けたことは無いですし、人事としても絶対にしないです。

だったら言う前からそうしてよ、って話で。辞めらたら困るから慌ててアクションしてくるなんて、場当たり過ぎですよね。ナメてます。
辞める方がキレイに辞めたくても、ひどい仕打ちを受けることが多いのが日本の会社ではあります。

ご迷惑のかからないよう退職日はお任せします。
それまでは、一生懸命働きます。
時間外手当も今まで通り付けません。

それでも人事部に恫喝されたりしていじめられ、挙げ句の果てにボーナス支給日の1週間前に退職日を指定してボーナスゼロにした長銀人事部。
前日までサービス残業をやらせておいて・・・。

退職の日に人事担当者に挨拶に言って、
「お世話になりました」
と頭を下げたら、バツの悪そうな顔をして、
「まあ・・・これからは大人の関係で・・・いこうな」
と言われました。

「私は最初から大人の対応をしていたつもりです。大人げないことをやったのはどっちですか?」
と言おうとしましたが、一礼して退出しました。

子供の喧嘩はしたくなかったので。
キレイな辞め方なんてないのかもしれませんが、「その辞め方はもったいないな」と思う事例はたくさん見てきました。

言いたいことだけ言い放って、本人は「言ってやったぜ」という顔をして出ていく人もいますが、その言葉を受け取った複数の相手がどういう気持ちになるかまで想像力を働かせてから発言してほしいなと思います。

自分のことだけでなく、周囲の人たちにとって適切な言動を意識して、できるだけ誰一人としてイヤな思いをさせずに、応援された状態で旅立ってほしいですね。
辞めた後の関係を大事にする。

会社をキャリアの重要な要素だと考えるのなら、なおさら関係を悪くするのは避けるべき。

働いてきた会社での評判は、自分が考えている以上に、知らないところで影響しています。

ポジティブな評判に助けられることも、よくありますよ。いずれにしても、過去の会社と仕事仲間は、大切な財産です。
立つ鳥跡を濁さず。
辞めた会社に遺恨を残すようだと、それらは何かしらの形で転職先に伝わることがある。と考えておけば辞める際の対応にも配慮が必要だと思うのではないだろうか。
とのとのさん、どう贔屓目に見ても死にそうにない私の場合はどうしたら良いのでしょうか?

ちなみに、昔々労働省を辞める時、そもそも途中で辞める人がほとんどいないので、辞め方が書いてある規則を見つけるのに、3ヵ月掛かりました…
それが一番大変でした。役所って、就業規則ないし。
正直に全てを話したらお互いスッキリした感じになりました。
仕事については後任に来てもらえるまでは残りました。
辞める職場が少しでもよくなるように、嫌われてもいいから、不満だったことなどを伝えて言った方がいいと思います。
明日のお客さんになる可能性もあるので、辞め方は大事です。
雇用関係は契約関係です。極論を申し上げれば利害関係だと思っています。
利害関係が一致すれば、カウンターオファーを受けるのは至極当然です。待遇向上が転職理由の多くを占めるアジア各国では、比較的よく目にします。

一方で、昨今は契約関係が終了しても、利害関係が形を変えて残り続けるようになっていますし、もっとそうなっていくと思います。
会社を変えたからといって、信用クレジットはゼロにならず、個人・法人に大きく帰属をするようになっています。

嫌われずに辞める事も大事なのですが、嫌われずに辞めてもらう法人側の方がもっともっと大事になっていくと思います。