新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カプコンの「モンスターハンターワールド」で考えてみる。

カプコンの公式サイトによると、出荷本数は1,310万本。
全て定価で販売出来たとして、売上高が約1,170億円(カプコンの直接収入とかは考えない)。
Apple Arcadeの月額費用は600円。
Apple Arcadeの利用者数が約2億人に達すれば、1,170億円の売上を1カ月で達成可能。利用者数が2,000万人なら10カ月、4,000万人なら5カ月。

実際にはAppleへ支払う手数料もあるし、多数の他社ゲームが存在するので、カプコン1社が全ての収入を得る訳ではない。一番重要なのは、販売価格の設定は不可で、配分率の評価がプレイ時間やプレイ回数になると推測される点。

Apple Arcadeの利用者数が1億人になったとして、600億円のうち何割がカプコンの収入となるのだろうか。世界的にはモンスターハンターワールドよりも売れているゲームは多数ある。それらもApple Arcadeで配信され、スマートフォン向け(Apple Arcade向け)に配信するゲームとの競争もあるでしょう。
10分の1に当たる60億円が収入となれば、2年で同じ規模にはなりますが、恐らく、そんな配分率にはならない。年月を経る毎に、プレイ数、プレイ時間も少なくなり、収入は配分率は減少していく。

Apple Arcadeをマルチプラットフォーム戦略の中で、数あるプラットフォームの一つとして考えるなら、Apple Arcadeへの配信は有力な選択肢となるかもしれない(フルプライスで購入するユーザーとのバランスもある)。

GoogleのStadiaでは、定額料金内でプレイ出来るゲーム以外に、売り切りにも対応している。
ゲームの価値は、ゲームによって変わってくる。ゲームメーカーは一つの方法にとらわれず、「ゲームの価値」に合ったプラットフォーム、販売方法(定額、売り切り)を選択する。ユーザーの評価によって、次の新作や続編では新たな価値を創り出し、価値に合った方法で提供する。
ゲームメーカーにとっての価値、ユーザーにとっての価値に違いはあるけど、双方の価値が合致した時に最良の結果が出て来るのかな。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
153 兆円

業績