新着Pick
348Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
30年前、2回目の海外旅行(1回目は韓国)で欧州、中東53日間の一人旅に出た時、持っていたのはクレジットカードでも、現金でもなく、トーマスクックのトラベラーズチェックでした。

TCだけが唯一の旅の支えで、どこでも両替の効いたトーマスクックの信用がとても心強かった記憶があります。

あと欧州で時刻表といえばトーマスクックの赤橙色の表紙の時刻表でした。
宿泊代節約のため11日間連続深夜列車移動という若気の至りの旅をしていた当時の私にとって、唯一の情報源でした。

ピンとこないかもしれませんが、今で言えば世界規模のJTBの
ようなものだったといえば、なんとなく想像がつくでしょうか。

今の若い人はTCなど知らないと思いますし、時刻表も使う人もいないとは思います。
ただ過ぎ去りし時代の栄光を知るものとしてはノスタルジーと共に、時代の波に乗ることのできながった企業の悲哀を感じずにはいられません。
ああ、ようやくその日が来たかという感があります。申し訳ないけれど。
子供の時はトーマスクックのトラベラーズチェックでお世話になり、その後ヨーロッパを陸路移動するときには、オレンジ色の時刻表に線を引いてはTGVやローカル線を乗り継いだものでした。

2013年だったかオンライン版に移行する際に、ああもう長くないなと感じました。当時エコノミスト的な雑誌にも破産は近いかと記載されていたな。その時に人員整理しておけば破産は免れたのかもしれません。英国政府も、もう延命無用と判断したのでしょう。

ともあれ多くの人の夢と旅を実現させてくれたことに感謝を表したいです。お疲れ様でした。
旅行会社の倒産でいえば、2017年3月に突然破産した「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)を思い出す。あのとき被害に巻き込まれたのが約9万人。今回はそれをさらに上回る人数がおり、国外に旅行中の方々も多い。政府や業界団体が帰国支援を行うというが、会社側はこれだけの混乱を引き起こす前に何らかの手を打てなかったのだろうか
一時代の終わりを感じる。
旅行業については、日本でもだが、協会に加盟していると保険的機能があり、それが機能する形。15万人ほどというと、平均で200人くらい搭乗するとして750便必要。記事にはThomas Cookが運航している航空会社の写真が出ているが、普通のパック旅行で他社航空会社を使用している部分が多いと思う。にしても、こういった時の誰がお金をもらえる・もらえないという部分は複雑そう。破産申請したと言えど、燃料費や人件費が支払われるのであれば、元々計画されていた通りに動かすのが一番楽なはず。それでも弁済順位などで、保険を使って他社で運航した方が確実な場合もあるのだと思う。
企業の存続支援はしないが、旅行者の帰国支援をするというのは、イギリス政府らしい。日本ならどうするのだろうか。
途方に暮れる英国出国中の旅行者帰国支援。すごい。

トーマス・クックの鉄道時刻表。学生時代にヨーロッパ鉄道横断でお世話になりました。今はインターネットで時刻表も見られますからね。。。
英国では、旅行業者に対してATOL(航空旅行組織ライセンス)への加入を義務付けており、国が出資した基金と、旅行業者の供託金や旅行客からの利用料を徴収する形で旅行客を保護する制度が整えられています。毎度のように倒産する事業者があるため、基金はいつも枯渇気味だそうです。

今回は英国旅行業界としては大型の倒産であるため、すでに英国政府も倒産を想定した準備をしていた模様で、これが「マッターホルン作戦」と呼ばれているものと思います。ブリティッシュ・エアウェイズやヴァージンアトランティック、easyJetなどLCCもレスキューフライトを運航する模様です。

旅行会社としてのトーマス・クックは倒産しましたが、子会社については対応が分かれており、例えばトーマス・クック航空は運航を停止しているようですが、英国外にある子会社(コンドル航空など)は運航停止とはなっていないようですから、ご利用される方がいらっしゃいましたら、航空会社側に確認したほうがよいでしょう。

また、トラベラーズチェックについては、金融業務がすでにトラベレックス(両替でおなじみ)に売却されているため、いきなり紙屑になることはないものと考えられます。お持ちの方は、トラベレックスに確認されると良いでしょう。
へーーー、トーマスクックって、トラベラーズチェックやってた会社じゃん!いまはもう使われないかもだけど、15年前のバックパック旅行では必須アイテムでした。ってかまだ換金してないチェックがあったような、、、
一時代の終わりは、代表する企業の破たんで規定されますね。
トーマスクック時刻表とユーレイルパスで旅した世代は、旅行会社の破たんという事実以上にノスタルジーに浸るのでは。
感慨深い。老舗旅行会社トーマス・クック、破産申請。90年代に欧州バックパックの旅をしていた際、同社の鉄道時刻表はバイブルだった。テクノロジーの変化に伴い「顧客の痛み」が変化した。どの分野においても「顧客の痛み」は変化し続ける。そして、新しいチャンスは次々と現れる。

業績