新着Pick

消費税10%をテコに客をおびき寄せる賢い戦略

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2014年の増税のときに比べて、駆け込み購入を促す記事・報道が少ない気がします(あくまで個人の体感値ですが・・・)。
今回はキャッシュレス還元もありますし、上がった後にどうするかに焦点が当たっているなぁと。増税をうまくプロモーションに使うのが一番賢そうですね。

ところでダイナミックプライシングの話が出ていますが、個人的には繁忙期の稼働分散効果はあまり無いと思っています。人がテーマパークやコンサートに行きたいのは、そのタイミングでそこに行きたいからであって、多少高いからといってやめる人は少ないんじゃないかなぁと。

一方で、特に行く気はなかったけれど、閑散期でちょっと安いから行く、という動機は大いにあると思います。

なので事業者側から見たダイナミックプライシングのメリットは、
●閑散期の集客
●繁忙期の実質値上げ
であると私は理解しています。
増税した後10%で買える方法と8%で買える方法の二通りをわずか2%の差額でどの程度消費者が動くのかとても興味深くこれはBtoC事業者としてはとてもよい販売戦術のサンプルになるのかな。と思っています。外食産業で持ち帰りの代表はファストフードでしょうから実金額の差額は数十円のはずです。
これがどう影響するのか?と。

事業者目線で言うとシステムの改修とただでさえ決済周りが乱立し始めたり、クーポンやポイント使用などありますのでオペレーションの教育などの負荷コストがさらに増えるので正直いってやめてほしいです。

国としては実際どうだったのか?という検証結果は出して欲しいと思います(データをいいように切り取ると思いますので、こう言う時こそシンクタンクの出番かなと)
中小企業ではキャッシュレス還元5%を大々的に打ち出すように準備する事が多かったです。のぼりやタペストリーなど店前通行量が多いエリアでは兎にも角にもその認知アップに努める感じです。
値段が少々上がったくらいで販売数が激減するのは、失礼ながら商品自体の魅力が少ないのでしょう。

価格弾力性が高い(価格のアップダウンが販売数量に大きな影響を及ぼす)商品の典型例は、高級品等です。

米やパンのような生活必需品は価格弾力性が低いので、価格のアップダウンにあまり左右されません。

消費税アップによる価格のアップは、その商品がどれだけ消費者に浸透しているかを試す絶好の試金石です。
自社商品のラインナップを見直すいい機会にもなるはずです。

長期的な視野に立ち、自社商品の価格弾力性を測定する重要性を忘れないようにして下さいね。
価格設定の妙について整理されていて理解が深まりました。それぞれの企業で、こういった過去のデータに基づき、今回の消費増税にどう対応するのか激論がかわされたのかなぁなどと想像します。