新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イメージセンサーが極めて大きいのが特徴。このモデル自体はAndroidじゃないという点で売れにくいのではないかと思うが、カメラ部分を他社が追随してくるとなると、ソニーにとってはとてもいい商売になる。
カメラ性能は、頭2つ抜けている感じです。Mate 30 Proは、4つともソニーのセンサーで揃えているのだと思いますが、高価なソニーのセンサーを揃えられる会社は、ほとんどありません。ソニーのXperiaを含め、多くの会社は、メインカメラだけをソニーにしている会社が多いです。4つのイメージセンサーを含むカメラモジュールだけで、100ドルは超えているのではないでしょうか?

Kato Junさんが書いているように、ソニーのイメージセンサーは、いくら性能が良くても使ってくれる会社がなければ、その高性能は意味がない訳ですが、Huaweiと組むことで、相乗効果があり、Appleとともに良い関係が築けているのだと想像します。

致命的なのは、Googleのアプリが使えないことですね。裏面のデザインも個人的にはイマイチ。リークされたときも、P30 Pro同等の望遠ペリスコープ型ならば、このデザインは出来ないはずなので、Fake Newsだと思ったくらいです。いずれにしても、Huaweiがスマホの選択肢から消えてしまうのは、非常に残念です。

#AI自動回転って、無理やりAIって付けているような。。。
必要とされないのではなくて、P30 Proとの差別化、次のP40?に改善の余地を残しただけ、かもしれません。

本文より引用
“望遠撮影も使い勝手が改善されています。3倍光学ズームとハイブリッド5倍・デジタル10倍ズームによる最大30倍ズームで、P30 Proの50倍(光学5倍&デジタル10倍)には及ばないですが、ピントがくっきり合いやすくなった感じがします。日常で使う分にはP30 Proほどのズームはそこまで必要とされなかったのでしょうね。”