新着Pick

東大に「推薦で入った人」のプレゼンが凄すぎた

東洋経済オンライン
みなさんは、プレゼンはお得意ですか? 僕は苦手です。自分の意図を相手に伝えて、相手を説得するのって非常に難しいですよね。自分の中では伝えきれたつもりでも、相手にはぜんぜん伝わっていない……みたいなこ…
1388Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本気で信じることを、自分の言葉で話す。

受け売りの表面的な知識に頼るから、突っ込まれるんですよ。

実体験に基づき、考え抜いて、信じたことなら、どんな質問にも柔軟に答えられるはず。

テクニックを活用するときのポイント。テクニックを意識しすぎると、画一的なプレゼンになるので要注意です。

「あ〜またこのパターンね」って、思われるだけ。
新卒の採用活動では、自分のチームの採用(※採用方法についてはこちらご参照)の際は必ず「プレゼン」のステップを入れます。
https://newspicks.com/news/3947581
自分の人生を振り返り、体験談に基づき、そこで何を感じて何を学んだのか、ということを、与えられたテーマに沿って相手に伝える、という工程はコンサルタントに求められることとかなり共通点があるから、ということですが、資料の作りとか言葉の選び方というテクニックよりは、その人の人となりの「素」がきちんと見えるか、いろいろなことに対して深く考えて生きてきたか、ということを見ている気がします
ここに書かれている3点はぼくのゼミの基本メソッドでもあります。1.プレゼンは自分の「パッション」を語れ。分析や説明を求めているのではない。2.想定質問は10個は用意して頭を巡らせておけ。3.想定外の質問が来たときの「態度」を決めておけ。--「凄い」ことではなく、基本です。
最後の言葉の定義の話、聞いてる側の人によるんですが、アカデミック周りの人は特にセンシティブですよね。これやりすぎると逆にプレゼンがしにくくはなるんですが、キーワードに対してはぜひやっておきたいポイント。弊所の講演でも冒頭によく入れています。
プレゼン資料でもあえて突っ込みどころを作っておくテクニックはよくある。東大の推薦入試はビジネスで通用する力と同じようなものが求められているように感じる。
推薦入試って孫正義育英財団みたいな天才を取るために作られてるのかと思ってたんですけど、実態どうなんでしょう。
こういうプレゼンの方法がどうこうとかではなく、実績で圧倒的に差別化できる感じになってないのかな、とかが気になりました
著者の東大生のプロフィールも凄すぎた。