[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、取りざたされている外国首脳と自身との会話を巡る当局者の内部告発について、「会話は完全に適切」と言明した。

米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領が外国首脳と電話で交わした約束を米情報機関の当局者が内部告発したと報道。情報当局のアトキンソン監察官は同告発を議会への通知義務がある緊急性と信頼性のあるものと判断したが、マグワイア国家情報長官代行が司法省と協議した結果、「緊急を要する懸念」の法的定義を満たさないと判断したという。

トランプ大統領は記者団に対し、内部告発をした当局者の身元も実際に何を主張しているのかも不明とした上で、自身と外国首脳との会話は常に「適切」と強調。「党派的な内部告発者」で「政治的な雇われ仕事に過ぎない」と述べた。

告発された会話については「完全に適切だった」とした上で、「実に素晴らしい会話だった」とした。