新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般にDecompressionと呼ばれる状態で、機内の与圧系統に障害が発生したものと考えられます。実際にマスクが落ちていますから、機内の気圧が急激に下がっている計器表示がされ、これを受けてパイロットが手動でマスクを落としたか、あるいは基準を超えて気圧が下がったため自動で落下したものと推測されます。

今回は高度39000ft(約12000m)で巡航中であったものの、この高度で与圧がないと人間はおよそ15~30秒ほどで意識が混濁し、そのまま死亡してしまいます。ですから、飛行機に乗っていてマスクが落ちてきたら、何はともあれマスクを確実につけてください。落ち着いてマスクをつければ数秒です。お子様など介助が必要な方についても、まず自分のマスクをつけてからにしましょう。

機内の酸素も、せいぜい15分程度しか持ちませんので、飛行機はマスクがなくても大丈夫な高度10000ft(約3000m)まで緊急降下します。航空路から左に少し外れて、他の機体とぶつからないように、また速度制限を超過してしまわないように注意しながらおよそ10分弱で降下します。管制官への連絡は初動対応が終わってから実施します(会社への連絡はさらに後回しです)。パイロットは訓練の過程から、こういった操作は体で覚えるレベルでしみついています。

緊急降下は航空業界ではそこまで稀ではなく、たまに発生しています。日本でも今年6月に、ANAの787で与圧系統に問題が生じたとして緊急降下がありました。
乗客のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、マスクが落ちてきたらまずは落ち着いてマスクの酸素を吸っていただきますよう、お願いいたします。
客室内与圧の減圧(キャビンプレッシャーアウト)と呼ばれるものでしょう。
高高度で飛行する航空機は、客室内の気圧を上げることで気圧差をカバーしていますが、エアー漏れやコンプレッサー異常などの加圧不足により一定の気圧が維持できなくなると、与圧なしでも人への酸素供給上問題が少ない約8000フィート(約2600メートル)まで「急いで」高度を下げます。巡航高度が約30000フィート以上ですので、結果的に9000メートル以上の降下になります。
与圧が減圧されると客室内の酸素濃度が下がるので、飛行機は最大降下率で降下し、併せて酸素マスクが作動します。
私も前職では搭乗勤務中に何度かそのような事態に遭遇しましたが、パイロットは冷静に対処していますので、乗務員の指示に従って落ち着いて行動するようにしてください。
こまります、デルタさん よく乗るんですから。。。

ぶじで何より
>客室乗務員は機内アナウンスを通じ、落ち着いてほしいと繰り返し乗客に呼びかけたが、効果はなかったという。

9千メートル急降下って,中に乗っていれば,墜落するとしか思わないでしょうね。私自身も,アナウンス聞いて落ち着ける自信はまったくございません。

無事着陸したのは何よりですが,恐怖で飛行機に乗れなくなってしまった人はたくさんいそうです。
こんな事も起こり得る。記憶しておく。
でも、対処は出来ないと思う。。。耐える⁇
無事で良かった。
9000mの急降下の恐怖は経験したことがないものがありそう。。

日航123便御巣鷹山墜落事故の時は、機体の油圧調整が効かなくなったために制御不能に陥った。
一時、すごい気になってさまざまな航空機墜落の記録を調べた時、約70〜80%の確率で何かしらの故障があり、結果として機内に急減圧≒気圧の低下が起きていました。

気圧の低下と酸素濃度の低下が起きると酸素マスクが出てきますので、おおよそ、酸素マスクが出てくるときはかなり良くないことが起きていると想像して良いと思います。

今回は油圧系統に問題が発生したわけではないので、緊急着陸が出来たのだろうと思いますが、何はともあれ無事でよかったです。
1分〜1分半の急降下、ゾッとしますね。。。
トラウマになり飛行機に乗りたくなくなりそうです。
これは完全に死を意識しますって。
想像しただけで変な汗が出ます。
デルタ航空…これは怖い。