新着Pick

東電旧経営陣に無罪判決…巨大津波対策、刑事責任問えず : 国内 : ニュース

読売新聞
東京電力福島第一原発事故を巡り、検察審査会の起訴議決に基づき業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久・元会長(79)ら旧経営陣3人について、東京地裁(永渕健一裁判長)は19日、いずれも無罪(求刑・いずれも禁錮5
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の裁判所の判断の安定性。司法権の判断の安定性は、世論や感情に影響を受けると言われている韓国の司法とは異なる日本の強いインフラの1つ。
経営陣に対する業務上過失致死傷の認定がそんなに簡単ではないことは法律家には常識に属するし、そうでなければ危なくて経営は張れない。結果の重大性が大きくても世論が言うような形で結果責任をとらせるような社会は持続可能ではない。
AIをはじめとするデジタルの時代はますます複雑系の度合いが濃くなり、結果に対する責任を従来のような刑事責任、民事責任といった枠組みで追及することは難しくなる。
人権派と呼ばれている弁護士も消費者団体も、これまでの法の枠組みに囚われたサルカニ合戦的な仕返し根性を超えて、社会全体の参画者という意識をもっと高い次元で持って、社会をより良くするために何をするべきかということを一緒に考えるような取組みを開発してほしい。そしてそれは多くの場合、刑事責任を問うというフレームワークではないはずだ。
注: 本件や本判決についての意見や、特定の事案や人に対する意見を述べるものではありません。また記事に対する賛否を述べるものではないことにも留意ください。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.49 兆円

業績

東京電力ホールディングス株式会社(とうきょうでんりょくホールディングス、英語: Tokyo Electric Power Company Holdings, Incorporated。 ウィキペディア
時価総額
6,991 億円

業績