新着Pick
628Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『ゴールを目指すのではなく、つねに一定の状態を保って歩き続けていけば、その先につながるものがある。』

決めたKPIにとらわれ続ける『正誤』で生きるより、
目の前の仕事がすでに気持ちいいという『美醜』で生きられる方が幸せ、という気がします。

でもそもそも600万以上の年収では幸福度に変化がないという話もあるので、1,500万の半減だと一般論としては、まぁそれは、、と感じる人は多い気がしました。
大企業だけが強い時代は随分と前に終わっていて、スモールストロング(小さくても強い)企業がどんどん出て来ています。
使いきれないほどのお金を持つよりも、適度、適切に自由な時間とお金を持ち、仕事が楽しくて仕方がないというような人は、最も豊かな人だと思います。
すごく共感。
ゲームのレベルアップのように目標達成していくのは、ゲーム的な楽しさがあります。
ただ、“その生き方に自分らしさはあるか” “この数字を追うことは世や人にどんな幸せや豊かさや問題解決を生み出しているのか?” への納得感が伴っていないと、永遠と修業をしている気持ちになってしまう。

その点ガースーさんは、自分の気持ちの違和感に正直になった結果、心が豊かな生活をしてらっしゃいます。
もちろん、人の役に立つソフトハードスキルが備わっている前提で得られた豊かさです。

幸せの定義は人それぞれですが、一つの素晴らしいカタチだと感じました。
銭湯ビジネスで年収750万円ってむしろ驚異的に凄いと思いますけど。普通そんなに利益でないはず。
収入と幸せは比例しないのは当たり前のことでして、稼げば稼ぐだけ幸せになるとしたのが大きな間違いだと思っています。

自分がやりたいことを見つけることができたら、それは幸せなことです。やりがいと収入のバランスをよく考えて自分がベストの着地点を見つけることができたらいいですよね。
ゴールを目指さない生き方。
ビジネスで上手くいっている人の
次の生き方の指針かなと思います。

ただし、今の若い世代がこの年代になった時に
こういうビジネスキャリアの舵の切り方ができる人が
どのくらいいるのか?確実に減るんだろうなと思う。
収入が半減しても人生が楽しいと言えるかどうかは、その人がどういうレベルの生活をしてきたかに大きく左右されると思います。
記事の中身は非常に興味深いビジネスの話なのに、タイトルで損をしていますね。
小杉湯、いつ行っても混んでて人気だなって思ってた。都内に数ある銭湯の中でも異色を放ってるよね。やっぱ高円寺いいな。
これは凄く同意。採用担当でも逆算思考しか求めない人がいて困る。「武士道などの東洋思想には、“道”という考え方があります。ゴールを目指すのではなく、つねに一定の状態を保って歩き続けていけば、その先につながるものがある。」
「収入と幸せは比例しない」
仰る通りだなと思います。

「肩書きはチーフ・ストーリーテラー(CSO)」
これも素敵ですね。

「ガースーさんが今取り組んでいるのは「家業を事業にすること」」
ガースーさんのこれからも楽しみだなと思いました。