新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メルケル首相もIAAで語ってました。ドイツの自動車産業はヘラクレスタスク(困難な課題)に直面していると。電動化も自動化も、おそろしく研究投資が必要。
変化の始まりであり、ある時代の終わりの始まりですね。

時代の変化に対して、一歩先に対応できるのと、一歩後手に回るのとでは、結果は天と地ほど違います。

今後、ドイツ企業や米国企業は、先手打ちに走るでしょう。

それができない雇用形態の日本企業が、後手に回らずに変化を乗り越える施策が大きな課題です。

※個人的な見解であり、所属する企業、組織とは、全く関係ありません。
ドイツだけで済むはずはありません。プレミアムブランドの中での苦戦ぶりが目立ってきました。国内販売もね。
「削減の大半はミュンヘンの本社で実施される見通し」(記事引用)ということは、間接費の削減であり、販管費(オーバーヘッド)の削減が狙いのように思います。販管費はRPAなどの利用による削減策も進んでいるので、デジタル化を進める可能性も考えられると思います。
BMWグループ全体では従業員13万人。
逆にヘッドクオーターだけなら6千人もいないような。

どのセクションの人員を削減するんですかね。
BMWは2022年までに最大6,000人を削減する計画との報道。
「削減の大半はミュンヘンの本社で実施される見通し」とも。

業績