新着Pick

Abemaはこれを目指すべき?アメリカでもっとも熱いストリーミングサービス「Roku」

Business Insider Japan
Q. AbemaTVの目指す姿!? 動画ストリーミングRokuの売上成長率は? A. YoY+59%で。プラットフォーム事業に関しては、YoY+86%と驚異的な成長をしています。 今日の記事では、アメリカの動画ストリーミングサービスを提供している「Roku」を取り上げたいと思います。 Rokuは非...
712Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
へ〜っ、Rokuか。面白い

一つ目は、デバイス販売を行っているという点です。リモコンというテレビに接する際の最大のタッチポイントを獲得することで、アクティブユーザーのライフタイムを最大化する狙いがあります。

二つ目は、他の動画ストリーミングサービスと異なり、自社でコンテンツを積極的に制作していないという点です。
この手のコンテンツを持たないプラットフォームって誰もが狙いたいところだと思うのですが、このRokuはなぜ勝つことが出来たのか興味深いです。ちなみに、タイトルの「Abemaはこれを目指すべき?」はなんでそうなるんでしょうかね。Abemaはコンテンツプロバイダー側なので、強いていればRokuに入れてもらうことを目指すべきかと思いますが。
米国でAirbnbで部屋を借りると大概Rokuがテレビに繋がっていて、それがNetflixに繋がっているというイメージ。動画配信サービスは乱立しているので、それをバンドルするサービスも既に沢山存在しており、Rokuがユニークなわけではないし、Rokuのプラットフォームに載る配信サービスに対してバリューを提供できているかというと、個人的にはあんまりそういう気はせず、Netflixをテレビで見るための一番安い端末という感じでしかない。
やっていることはハードも含めてAmazon Fire Stickとソックリですが、Amazonが自社コンテンツを観るためのデバイスと位置づけ、ライバルとなる各社ストリーミングサービスはアプリによる個別対応なのに対し、Rokuはワンストップで全てが済むようになっている点が大きな違いであり、そこが売れている理由なのでしょう。少し前のケーブルTVのような感じですね。

Abemaが似たようなことをやっても伸びないと思いますよ。あれは基本無料で観られることに価値があって、お金を出してまで観たいコンテンツがありません。ニュースも真夜中は再放送ですし(速報性が求められるニュース番組こそ、24時間アップデートし続けるべき)。
こういう地味なデバイスアリなんだよな。エロのRokuとか売れそう
こういう記事って成功したあとの話しかないんですよね。しかも、この記事は事業開始時点からなぜここまでのユーザベースを、数多の競合を大きく上回る形で獲得出来たかの分析がない。ユーザ分析にしたって、かなりのユーザ数(データ)があって初めて出来ること。

多くのピッカーが指摘するように、コンテンツプロバイダであるAbemaとはビジネスモデルが異なり、全くの見当違いなのも、なんだかな、という感じではありますが。

結局プラットフォームビジネスの難しさは、必ずしも良いものが勝つ、というだけでなく、タイミングだったり、何かしらユーザをロックインするような要素(それを運とも言う)が、かなりの成功要因を占めることがあるということ。逆に言うと。なかなか再現性がないということかもしれない。

とは言え、Rokuについては、もうちょっと深掘ってみても面白いかも、と思いました。
AbemaTVがROKUを目指すべきだとは思いませんが、まさかfireTVとchromeCastと互角に戦うとは想像していませんでした。GoogleとアマゾンのSTB参入で終わったと思ってました
スマートな戦略ですね。
事業の伸びに比例して株価(MarketCap現在約1.6兆円)も上がってますし、上場企業としてとてもセクシーな成長。
長いけど面白い記事です。RokuがAmazonやGoogle、Appleなどのビッグブランドをはるかに上回る存在になっていてさらにRokuだけが急成長してるのは知りませんでした。でもAbemaはこれを目指すというより、ビジネスモデルとしてはこれの中のチャンネルの一つなのでは?
米国で生活していますが、Rokuに対して、こんなイメージはありませんでした。

ちょっと注目してみようと思います。実際、ホントに、これほど圧倒的な強さなのか?少し疑問にも思いますので。