新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事を含めて、FRBが先行きに関して状況次第としたことに批判的なコメントが目立ちますが、FRBが現時点で明らかにできる点であり、またそうすべき点は「政策反応関数」であり、具体的なアクションではないと言う点では、合意しかねる点もあります。

その一方で、市場が次は「いつ、どの程度」やるのかについて具体的なメッセージを求めるようになったのは、FRBがフォワードガイダンスを多用した結果という面もあり、その意味では自業自得とも言えます。

いずれにせよ、FRBも市場も平時の新しい(古い?)コミュニケーションに対する習熟のプロセスにあるように見えます。