新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「女は三歩下がって歩くべき」
このような男社会の固定概念の解体が昭和のフェミニストの目標でした。それは一定の成果をあげましたが、その後待っていた社会は夫婦は全てイーブンであるべきという多様性とは程遠い新たな抑圧だったという皮肉。
最近ではジェーンスーさんが稼ぐことも家事も得意な方がやればいいと行き過ぎたイーブン信仰に異を唱えていますし、自分も概ねこの考えに賛成です。

それにしてもミッツさんはその辺の感覚に敏感ですね。これはセクシャルマイノリティ、ロンドンでの人種的マイノリティ経験が影響しているように思います。何かを疑う感覚、多様性についての感覚、これはあうんの呼吸が通じる同質性の高い集団から抜けると高まるとつくづく感じます。

マイノリティというと重いですが、おじさんが少女漫画を読んだり女性比率高めのイベントに参加すること位からでもいいですし定期的にマイノリティ経験はしてみた方が良いと思います。
NYのゲイと言えば、オシャレと言うイメージが
定番だと思う。そしてその感覚は、日本と何かしら
違う気がする。

ハリウッドのちょっとオシャレな映画にはゲイが
出てきて、スタイルとプライドを見せる。

そんな映画やドラマを普段から見る人々は、
ゲイ=オシャレと言う感覚が身につくのではないか。

いずれにしろ、世の中の常識と違う事を公開し、
それを周りに受け入れさせる人は、どんな人であり
凄い事だと思う。
「自己肯定」の話がいいですね。最近、高齢男性が不機嫌すぎるという話題がよくありますが、それは「自己肯定」感が得られないからだと思っています。他にも、この件がキーになる問題は多いのでは、と思っています。
「男社会を否定するのは危険」である理由に説得力がありすぎます。男って侘しいなあ。
「男社会力」と「母性」の強さ。だからマツコさんの強みがとてもよく分かりました。

「自分のためだけに生きようとするから、いつまでたっても自己肯定できないんですよ。」
歳を重ねると人によってそのペースは異なると思いますが、自分の割合が減っていくように思います。反面、歳を取っても案外子供の頃と同じような事を心の中では思っていたりして、時々どきっとします笑
人間ってそういうものなのかなぁとも。とは言え自己肯定出来ないと行き詰まってくると思うので、ミッツさんのアドバイス覚えておきたいですね。
「自分のためだけに生きようとするから、いつまでたっても自己肯定できないんですよ。」という言説には共感しない。この言説は、幼少期に自分のためだけに生きることができた人に適用できる。自分が満足もしていないのに、誰かのために生きようとして苦しんでいる人はたくさんいる。強者の論理だと思います。
自己肯定感に尽きるような気がします。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。