新着Pick
396Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
基本、メルカリビジネスは少額での支払いなのでそもそも分割する理由はあまりないと思ってます。多分、殆どのユーザーにとっては無意味。

むしろ、リボ払いの様な金利ビジネスは、単純に消費者をある意味ダマしてコツコツ金を集めるビジネスなので、好きではないです。
こういう金融商法的なアプローチは、ビジネス的には必須ではあるけど、ブランドイメージは悪くなるかなと思ってます。
今日参加してきました。
金融というのはネガティブなイメージはついて回るので、そこをどのように感じさせないか?が実は肝かな。なんて思いながらプレゼンを聞いてました。
要は借金なのですが、それをコミュニケーションで借金と思わせないように使ってもらう。

マイクロファイナンスは需要あると思います。そもそも母数が大きいですし、ネットプロテクションズさんの後払いもかなり伸びてるのがその証拠です。

あと一つ気になったのは「メルペイで借金してお店で購入して支払い来る前にメルカリで売れば良いじゃん。で次の買おうよ。」というビデオ流されていて、これレンタルのような感じなのですが、所有権はメルペイ(もしくは連携してるカード会社?)にあると思うので支払い終える前に売って良いのかな?なんて思うのですが、そこどうやって法律クリアしてるか質問したかったです。

資金ニーズは色々な理由であると思うのですが、若い子に実はそれ借金だよ。というのをちゃんと認識させてあげて欲しいですし、借りたものは返さないといけない。というのをしっかりと説明してあげては欲しいなと思いました。(流されたビデオも若い子が出ていたのでターゲットはそこだと思いますので)
分割意味ないとかいってる人はメルカリ使ってないんでは?かなり高額のものもメルカリで当たり前に皆買う時代です。10万以上使ったら分割したいと思う人は普通にいるはずです。
いよいよメルペイが金融に進出するのだと受け止めている。
これから、行動履歴に基づく若者や外国人へのファイナンス
の提供は、古い与信審査モデルのクレジットカードを駆逐していく可能性がある。メルカリ(メルペイ)はそこを見据えて静かに布石を打っている、ということ。
新しい金融inclusion のトレンドに期待したい。
これは。。禁断のサービスですが100%儲かるでしょうね。読んで字のごとく、金を融かして手数料を得れてしまいますから
Payの戦いは決済では儲からない。信用情報をもとにした個人向けローンが大本命。ここまで準備しないプレイヤーは撤退に追い込まれていくと思う。各社この領域に乗り出してくるのは間違いない
後払いビジネスで「助かる」消費者も間違いなくいらっしゃるでしょうから,ビジネス自体を批判しようとは思いません。

一方,債務整理の相談や依頼で,リボ払いを多用し過ぎているケースを見ることは決して珍しくありません。
この低金利の世の中で,50万円の商品買うのに実質80万円以上トータルで支払っているケースなどもあります。

メルペイがどのように手数料を設定するのかは分かりませんが,法律で設定された利率の範囲内で商売されるのであれば,リボ払いの総額がえらいことになっても,その結果多重債務になっても,責任を負うのは「消費者」になります。

メルペイに限らず,リボ払いをよく使う方は,「急ぎで必要だとはいえないものまで,リボ払いで買っていないか」を一度考える必要があると感じます。
・・仮に多重債務にならなくても,ちょっと我慢して蓄えて一括払いにすれば,同じコストで1ランクも2ランクも上の製品を買えるのになあと思うこともあります・・。
リボ払いとかに需要があるのは、使う人がいるからで…まぁ、それを取りに行くということではあろう。好きではないが、ビジネスとしては普通の意思決定。
メルペイが強いのはCtoCの取り引き情報をベースとした個人の信用情報を独自に得られることですね。個人間の評価や、支払い・発送対応の早さなど、積もり積もれば個人の信用力を評価するに足る情報が集まります。このプラットフォームを握れてしまうのは次なる戦略の第一歩としては大きいのではないかと。
メルカリで月額20万円も使うって、何買うんだろう?
そもそもブランド品でも買わない限り、おいそれと買い物に使う金額ではたいですよね…
洋服買うのが大好きな私ですが、20万円使うなら、リアルショップで買います。その方が買い物をした!!という実感が湧いて、満足度が高いです。
どれくらいニーズがあるのか見てみたいです。

購入した商品別の支払い情報を参照できるので、使いすぎの抑止になるとしている。

ちなみに、最近ではやらなくなりましたが、私はお洋服のお買い物は一旦タガが外れると止まらなくなりますので、この機能は意味をなさないです…
Premiumを無料で体験
登録・ログイン