新着Pick

家賃25万円、サンフランシスコで最も狭い部屋を見てみよう

Business Insider Japan
・サンフランシスコは、アメリカで住宅の賃料が最も高い地域として知られる。 ・Business InsiderはZumperの協力で、サンフランシスコ市内で最も狭い住宅を探し出した。 ・同じ建物の別の部屋は、小さなキッチンと、一体化されたシャワー、洗面所、トイレ以外はほとんどないことで有名になっている...
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バッシングされているWeWorkですが、そもそもの目のつけどころとして、「紙を収納しなくてよくなった世界でのオフィス」を提案したところは画期的だったと思っています。ファイルキャビネットや本棚などが不要になり、その分人をたくさん詰め込むことができます。(電話ボックス型の個室など、私は「ネカフェ方式」と呼んでいます。)

住宅も、UberEatsや日本ならコンビニのおかげで料理をしなくてよくなった世界では、従来のような巨大な冷蔵庫やオーブンは不要になります。この部屋はそんな世界を具現化している気がします。

すでにアメリカでは、Uberなどのおかげで町中や空港などの駐車場ニーズが低下中。車前提の街の構造が変わるとも言われています。