新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、上海市のHema Miniを見てきました。南部のちょっと郊外にあるお店です。商圏にあわせた新業態を作る必要があるとの判断なのでしょう。
既存のHEMAをそのまま小さくしたような感じで、天井のレールはないものの、顔認証レジはある。海鮮やら新鮮有機野菜はあるとだいたいそろってます。
郊外や地方都市では個人商店や市場が力を残しているので、それらと比べて何が優位となるのかが勝負となります。商品力では既存のHEMAと同じなのでさすがと思いましたが、価格帯などニーズが合っているのか、おそらく今後細かい調整が迫られるはずです。
個人的に面白かったのは、私が訪ねたHEMA MINIはちょっと汚れていて、郊外らしいというか、ドメドメな中国超市っぽい外見になっていたこと。ローカライズに成功したとみるべきか、田舎の意識の引くさに飲み込まれたとみるべきか……。
#盒馬mini という業態は、楽しみですね。
同じ魅力度、同じ来店客数でも、#デリバリー が多ければ、競合店に勝てます。
その証明をしていくんだろうと期待しています。
Alibabaが展開するHema、下記のNP編集部の記事にあるスーパーだけでなく、色々な業態・店舗サイズを展開しつつある。それがまとまっていて分かりやすい。
このHema Mini、記事によると店舗1000平米、SKU(商品点数)約4000点。ちなみに日本のコンビニの平均面積が大体200平米で、商品点数が2000~3000点。記事の写真からも見えるようにばら積み野菜などがあり、こういうかさばるものが多めなのではないかと思う。
食品スーパーのHemaは、オンライン発注し、それをピックアップするための「倉庫」的な役割もある。記事の写真を見ると、Hema Miniの場合は、面積だけで考えると多少の余裕はありそうに思うがそういう機能ああるのだろうか?ただHemaであった天井からぶら下がっているピックアップを回収するためのレールっぽいものは見当たらないように思う(写真だと斜めの直線がライトだと思い、もう1個直線的なレールにはカメラが付いているのではないかと思う)。
https://newspicks.com/news/3270716
アリババのフーマーが小型店で地方展開をしていくとの記事。逆に言えば通常業態での展開ができる立地は限りがあるために伸び悩み期に入ってきており、成長に向けた試行錯誤をしているということ。先日、日経新聞では日本の小売り企業に「小売りの運営」を学びに来ているという記事もありました。「ニューリテール」も次の段階に入り、リアルの強さが改めて見直されていくように感じますが、だからこそアリババが出資した大手スーパーの大潤発がどう変貌するかに注目しています
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績