新着Pick
252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もしこの通りに実現できれば画期的なことだと思います。東日本大震災の時、当時の石原慎太郎都知事が放射線検査をした上で、被災地の瓦礫を受け入れました。これは被災者を勇気付けたと思います。もちろん反対の声もありましたが「みんな困っているんだ。検査もしている。仕方ないだろう」と一喝して実現しました。また橋下徹氏も大阪府知事時代に沖縄の基地軽減への協力を表明したこともありました。
大阪府民はどう考えるのか、反対の人の理解を得られるのか、これは本当に注目されます。
しっかり勉強していないと、
云えないの発言です。
原田前環境相に続く、
「憂国の士」でなければ云えない
勇気ある発言だと思います。
維新の松井さん、
吉村さんは男気がある。
大いに見直しました。

進次郎環境相は勉強不足。
パフォーマンス過剰で
思慮が足りない、
ええかっこしい!


☆3、4年前の僕のコラム「某月風紋」より。
https://facta.co.jp/article/201502004.html
https://facta.co.jp/article/201606037.html
どういう背景か知らないが、単なる「心意気」でしょうね。それとも補助金?

日本は360度海に囲まれているが、大阪湾だと潮流が湾中で廻るし、播磨灘を経て瀬戸内海にも流れる。
外洋に比べて「溜まる」可能性が高いので、「何故大阪湾?」と思うが、要するに「綺麗な水なら何処でもいいでしょう?」と言いたいのでしょう。

本当に実現しそうになったら、「安全の科学的根拠」でもめまくるのだろう。
科学的根拠というのがポイントですね。トリチウム以外の放射性物質の濃度が基準以下、なおかつトリチウム水も充分に希釈して、韓国を初めとした世界各国が放出している濃度以下なら問題ないはずです。風評を振りまく人が多いなか、勇気ある発言だと思います。
大阪湾放出について、福島の地元紙でも一面で伝えています。
放出に反対している福島県漁協の皆さんも、トリチウム水が世界中で放出されている事実は重々承知です。
しかしこれまで、東電や経産省が「関係者の理解なしに、いかなる処分も行わない」と文書で明言してきた経緯があります。
国の立場として軽々しく「放出する」と言うことはできません。政府が地元と合意形成することを見守るべきであり、政治的論点にすべきではありません。
その科学的根拠が難しいのだと思いますが、わからないものは分からないとして、しっかり議論すべきでしょうね。

更田先生はじめ流せみたいになっていますが、放出という選択肢は未知のものも含めた生物学的なインパクト、あるいは政治経済的なインパクトをもたらす可能性があると思います。決してコストゼロの話ではないはず。そもそも、この汚染水、普通に運営されてる原発の排水と同じ話にできないでしょうし。

それでもほかのコスト、廃炉が困難になるコストよりはマシ、という比較のうえで考えられるべきことと思います。

ただし、加えて言えば未知のことに対して人びとが心配することは当然ですし、その心労や社会的混乱もまた、事故のコストでしょう。ここをいくらに見積もるかは、ひとによって違うと思いますが。
トリチウムはもともと世界中の水と大気に含まれている物なので処理水を放出しても何の問題も無い

韓国は年間360兆ベクレルのトリチウムを日本海に放出している
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H28FY/000744.pdf


トリチウムは三重水素と言う水素の同位体で宇宙線が大気に当たると発生するため世界中の水と大気に含まれている

毎年7京2000兆ベクレルのトリチウムが生成され地球上には1000京ベクレルのトリチウムが存在する

http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2009_07/jspf2009_07-423.pdf


国際原子力機関が東京電力に処理水の放出を促す
https://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304906204579239173537179010

「トリチウムは最も危険性の低い放射性核種」
「管理された放出は世界中で行われている」