新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国が一年間に発給する非移民ビザは900万~1000万件あります。当然、申請者すべてのSNSをチェックすることは不可能で、「DHS(国土安全保障省)がだれをチェック対象としてピックアップするか」に国籍、人種、宗教などのバイアスが入り込む余地が非常に大きいと言えます。
もしかしてここに書き込んでもアウトでしょうか?
最近では、他国の政府関係者でさえビザ取得に時間がかかると聞きました。

一方で、ある意味SNSを見せることについては本人に同意を求めていて、SNSを見られたくないと思うならビザを飽きらめれば見せる必要はないのでそういう意味では問題はないのではないでしょうか。
そりゃ流石に酷いんじゃないの?
一定時間で投稿が消えるSNS、あるいは閉じられたSNSへの需要が高まりそうです。
この記事のような問題とはまた別個に、SNSなどネット上の投稿というのは、常に監視下にあると考えて発言するべきでしょう。
在住国の政治に踏み込んだり、国民やその文化を揶揄するような書き込みは、たとえ日本語であってもチェックされていると思った方が賢明です。
「新学期シーズンを迎え、米ハーバード大学の留学生が、SNSの交友関係を理由に一時的に入国を拒まれる事態も起きた」とのこと。