新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
貿易交渉では何をもって勝ちとするのか負けとするのかの判断はとても難しいものです。どこに軸足を置くかで評価はまったく違ってしまう。安易な勝ち負け判断より、どこが有利でどこが不利なのかを客観的に記した記事が出るまでは「よくわからない」でいいんじゃないでしょうか。
この部分がどのような合意に達するのか注視したい。「日本とデジタル貿易に関しても合意するだろう」
米国が韓国に対して、FTAの再交渉を押し切り、一方的に有利な条件を勝ちとった後も、在韓米軍費用を8.6%引き上げたり、交渉見直し期間を5年から1年に短縮化させるなど、色々と要求を継続してきた例を見る限り、米国の日本への要求は終わりではなく、始まりかもしれない。気は抜けないところだ。
トランプ大統領は、政権が日本と関税障壁に関して暫定的な貿易合意に達したと述べ、「今後数週間に合意を結ぶ」意向を表明したとのこと。
関税は全て撤廃するのが国民の利益になる

とは言え TPP よりも下げる事は出来ないから TPP と同じペースで下げていけば良い

アメリカから譲歩を引き出さないと「負け」と言う訳ではなく関税は下げた方が生活が豊かになるのだから気にする事はない