新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2018年9月、商湯科技有限公司は、国家AIプロジェクトの5番目として、「智能視覚国家新一代人工智能開放創新平台」のプロジェクトを委託された。このプロジェクトは、
1 スパコン系統
2 教育訓練系統 
3 智能視覚(Intelligent vision)機器の研究開発
4 ビッグデータ系統
の4つのシステム核心に“使命”を発揮するという。

具体的なイメージとしては、光彩認証技術や、機械視覚を用いたさまざまな計測技術や検査技術である。

そして2018年中に、マイクロソフト中国、ファーウエイ、アリババ、バイドゥ、グーグル、ホンダなどの世界企業と提携した。このメンバーを見れば世界の中心のように見える。

しかし、それ以降、車載部門の幹部社員の退社や、一部投資家の資金引き上げ、実は視覚製品のシェアは5%もないなど、ネガティブな報道も相次いでいた。

2018年4月、アリババが出資した段階では、企業価値30億ドルと見積もられていたが、今回の出資で75億ドルになったという。100億ドルと伝えている中国メディアもある。今回の資金調達で、もう一度弾みをつけ、最近の世評も払しょくしたいところだろう。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
15.2 兆円

業績