新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フーシが使っているドローン、カセフはイランのドローン、アバビル2K、又はアバビルTの廉価自爆型であるというのは以前からの通説です。
因みにレバノンのヒズボラも同型のドローンを持っていて、たまにイスラエルの基地を攻撃したりする中東ではありふれた機種でもあります。(イスラエルの方も同様に自爆ドローンで報復したりする)
このように武器がイラン製だからといって、イランによる攻撃とは限りませんし、ペルシャ湾方向から攻撃されたからといって弾道ミサイルと違ってドローンはどんな進路も取ることができるので別に証拠になりません。
レーダーによるドローンの航路が発表されれば一発なのですが、それが出てこないあたりプロパガンダが疑われるところです。(別にイランが正しいというわけではありませんが)

それはともかく何より今回驚いたのは現場の衛星写真で、それぞれの施設に見事に一つづつ綺麗に小さな穴が開いています。
カセフは有人による常時誘導ではなく、事前プログラムのGPS自律攻撃型なので命中精度が悪いと思っていたのですが、こんなに凄い命中率だとはビックリです。
安価なドローンが、これまで弾道ミサイルをほぼ100%防いで来たサウジの防空網を突破し、これほどピンポイントな攻撃が可能だとなると、それこそ世界の軍事常識が変わる出来事かもしれません。

(追記)
今回のドローンの命中精度が高すぎるのは土屋先生も指摘の通りで、現場に協力者がいた可能性は否定できないですね。
又今回のドローンはカセフの系列ではなく、以前リアド攻撃に使われた新型のサマド3の可能性がありますが、このタイプはほとんど情報がなく誘導方法は不明です。
え、

> 米当局が入手した衛星画像では攻撃が北あるいは北西の方向から実施されたことが示されている。これは、攻撃がペルシャ湾(Persian Gulf)北側のイラン、または同国がさまざまな武装集団を支援しているイラクから行われたことを示唆している。

弾道ミサイルじゃなくてドローンなんだから、旋回して飛んできた方向の逆から攻撃もできるのでは、、、?
写真を見て,これが実際に無人航空機の体当たりで空いた穴だというのであれば,驚きの精度と言えます.現場には,不時着や,外れて墜落した機体の残骸は残っていないのでしょうか.
先月,以下でもコメントしましたが,
https://newspicks.com/news/4147497?ref=user_2112738
機体そのものの値段は誘導制御のためのフライトコントローラーを入れても百から数百万円でしかありません.GPSを使い,事前に入力されたウェイポイントに追従する自動飛行でしたら,すぐにできます.自律飛行とは言えないレベルです.機体は低高度を低亜音速で飛行し,しかも非金属のグラスファイバー,カーボンファイバー,木材でできているので,レーダーには映りにくいでしょう.
ただ,写真が正しいとして,これほど目標に正確に当てるとなると,誤差が10mはあるGPSだけでは不可能で,画像やレーダーを使った終末誘導(衝突直前の誘導)が必要になります.それをやらないと不可能です.カメラを使った画像センサだけでこれはかなり難しいです.本番一発勝負で成功させるのは無理でしょう.そこで最も考えらるのは,現場近くに機体を誘導する関係者がいた可能性です.上で引用した8月を含めこれまで何回も攻撃があったようですし,その都度,アップデートしたことも考えられますが,どっちにしろ,だれか内通者がいたと考えるのが普通でしょう.
まったく違う観点からなのですが、イラン絡みのニュースなり事件なりが起きた時に必ず見るのがイランリアルの相場。これでイラン国内でどんなレートで取引されているのか分かります。

https://www.bonbast.com/

為替の反応からするに主だった変動なし。
このタイミングでの攻撃ということは、米国とイランの対立が激化する(あるいは原油価格が高騰する)ことを望む勢力でしょうか。
攻撃がピンポイント過ぎるというのは、他のピッカーの皆さんも指摘している通りで、相当近い距離で誘導ないしは制御している人=サウジ国内の反政府勢力がいる可能性が高いでしょう。
また、イランが単独でここまで精度の高いドローンを製造できるかどうかも疑問が残ります。もう一国後ろにいるのでは?

それとドローンの残骸について、画像などが見当たらないのも気になりますね。