新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国、イギリス、中国ではAppleが行っているiPhone Upgrade Programというシステムがあります。12ヶ月分の代金を支払った後であれば、キャリアに関わらず新しいiPhoneにアップグレードしてもらえるというもの。アップルケア込の月額料金はかかりますが、新しい機種をすぐ試したい層には人気です。

「キャリアに関わらず」というのがポイントで、日本での実施はそう容易でなさそうですが、米国ではこのプログラムがあれば新機種をトライするハードルが低いのは確かです。
既にXやXRなどを購入済みの玄人筋は今回のバージアップには比較的厳しめ評価だったけれど、大多数のマジョリティには付け入られそう、ってことか。
価格が落ち着いたのも好調の要因の一つのように感じます。
ただスマホを仕事に使うことが多いので、スマホはいいやつにしておいたほうがいいと思っています。個人の時代でSNSが大切になってくるので、スマホにお金を惜しむのは得策ではないと思っています。
意外なことにiPhone11は絶好調みたい。特に中国での需要が凄いみたい。米中対立の影響がなかったことに胸をなでおろしているだろうな。

クオ氏はiPhone11シリーズの今年の出荷予想を従来の6500万─7000万台から7000万─7500万台に引き上げた。
どうなんでしょうね。比較対象がiPhoneXSでどちらも市場的にはイマイチなモデルですし、iPhoneは初速はあまり参考になりませんし。
iPhone11が価格が少し安い&いい出来なのでiPhoneXRよりは出ると思いますが、冬を迎える頃には答えが出るでしょう。
ここまで標準化すると機能面では大きな差が出ないので、マス向けとしてわかりやすいブランドと価格のバランスの大切さを実感します。そのブランドを培ってきたのが素晴らしいのですが。
そろそろiPhone6がぶっこわける頃だからじゃないかな
人々が、何をスマートフォンに求めるかで決まりますね。

もし、カメラ性能だとしたら、今回のiPhoneでは、他機種との厳しい戦いになるでしょう。

以前のような「他にはない、圧倒的な価値」が構築できない限り、他の機種と同様に「コスト競争」にさらされるでしょう。
値下げとペントアップ(買い控え)需要がある、ということでしょうか。
個人的にはあまり魅力は感じませんが、
そうなんですね。買い替えサイクルなんでしょうか?
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
123 兆円

業績