新着Pick
956Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「デザイン思考」は通常、これまでにない商品やサービスを生み出す方法として有効だと捉えられていて、シリコンバレーではとても馴染みのあるアプローチです。スタンフォード大学のデザインスクールは、その「真髄を教える聖地」のように捉えらえています。

2016年−2017年にバーナード・ロス教授の授業をとった時は、このデザイン思考を「人生の問題解決」に利用すると聞いて、いったいどうやるんだろうと思いました。ただ、問題解決のアプローチは商品開発であっても、人生の問題解決であっても同じ。その中でも一番大切なのが今日紹介した「問題の定義を変える」という点です。

デザイン思考のプロセスの最初である、「どう問題を定義するか」によって、解決法もまちまちです。だから正しい問題を設定できないと、そもそもいい解決法が導き出せません。

解決法もこれ一つで問題が完全に消滅するという単純なものではない場合がほとんど。人生のトランスフォームも小さい解決法を地道に試し、小さな変化をたくさん作っていくというのがゴールに近づく道なのだと思います。
解決すべき問題を明確にする「問題提起」が一番大事だというのは納得できました。
米国以外でも、フランスの教育では、歴史や哲学の授業では、冒頭の論文の書き出しで問題提起をする様に教えています。
また、英米法弁護士のオピニオンの書き方もまずは問題提起「Issue」を冒頭に書くことが多く、共通した考え方だと思いました。

問題提起をしっかりやると物事の本質をつけるので解決策も見えてくるのだと思います。本来手段の一つに過ぎないことが目的化してしまうことを避けることができそうですね。(受験、就職などで)

兎に角自分で突き詰めて考えることが必要ですね。
問題の本質を見抜くには、嘘をつかないことが重要。素直であることが問題を単純化します。
スタートアップと話をしていると「原体験」の大切さを感じます。

つまり、自分が「原体験」として持っているペインポイントについては、情熱が全然違うのです。

そういった意味では、米国社会のような環境は、いたるところにペインポイントが存在し、「原体験」を得る機会がたくさんあります。

それが、イノベーションが生まれる数に関係すると考えています。

逆に、日本のような、ある程度の成熟社会だと、「原体験」を得られる機会が少ないため、なかなか課題抽出が難しいのだと感じています。
問題定義の大切さがとてもよく分かる記事。配偶者や恋人を見つけるには、いい車を手に入れるには、といった選択肢ありきの問いを立ててしまうケースはよくあります。仕事でも、ついつい、いま表面化している問題をモグラ叩きのように叩いてしまいがち。でも問題発生は止まらない…。

根源的なところに立ち返ると、それまでの問題が「問題」ではないことに気がついたりしますね。
過去や本当の自分を正直にさらけ出すためには、自分のことを理解していないと言葉にはできませんが、そんなことができる人は大人でも少数です。

多くの人は生活や仕事、キャリアの問題を抽象的で曖昧なまま捉えていて、漠然とした不安なので、なにもせずに放置しています。

問題を突き詰める内省的な行為だけでは感情が揺れ動かないので、自分にとっての問題が明らかになりません。だからこそ、行動とセットで感情も大切にする必要があります。

気持ちの整理や行動に落とし込むには、問題に対してなぜを突き詰めて、問題を具体的なレベルにまで細分化することです。

その際、自分の固定観念すら疑って、自分がどうしたいのか、気持ちに正直になることが大切ですが、自分の正直な気持ちが分からないと苦痛になります。そんなときは、気持ちを感じるためにも、とりあえず行動してみることが有効です。
>悩みの「根源」を探すべきなのです。視点を変えて、根源がどこにあるかを定義できた時、解決への方法がものすごく増えていることに気が付くでしょう。

自分の中で課題を具体的に設定してしまい、その”具体的”課題に引きずられて思考が止まってしまう、もしくは、思考の幅が矮小化してしまうというのはよく有りますね。
“「問題定義」のプロセスで大切なのは、自分に嘘をつかないこと。人はそれぞれ、自分自身のイメージを持っています。相手に悪く思われたくないという気持ちから、本当の問題から目をそらしてしまいがちです。”
デザイン思考ダイエット!面白い!そのまま本になりそうです。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。