新着Pick
445Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マグナスにスマーティファイ。「アート版シャザム」と呼ばれるこれらのアプリがあること、知りませんでした。面白いですね。ただ、教育・知育アプリとしては一定ワークしそうですが、音楽と比べてアートの世界はエンターテインメントとしてはポピュラリティの差があるので、大きく流行るということはない気がします。

単純に「あの絵、誰の作品だっけ?」という会話が日常で発生するイメージはわきません。ワイン版シャザム的なVivinoというアプリを使っておいしかったワインの元値を調べたりすることはありますが、それと同様、作品の来歴をデータベース化するイメージでしょうか。昨今のブロックチェーン×アートの潮流ともリンクしそうですね
なんでも鑑定団の功績は古美術やオモチャなどマニア以外はその価値が分かりにくいものを値段という誰にでも分かる価値に翻訳したことにあります。その一方で三代に渡り大事にしてた横山大観とされる絵が偽物と判明しその絵に興味が持てなくなったり、値段は時に物語を解体する暴力性をはらみます。

複雑化した世界にはどんな分野にも「ガイド」が必要な気持ちは分かります。一方でガイドに溢れ編集し尽くされた世の中だからこそまだ価値が定まらず編集されていないものに今ここ性(=アウラ)を感じます。
サンフランシスコのMOMAには独自のアプリがあります。自由に撮影できるし、解説もあり、自分のメモリーとして気にいった作品を格納できます。

日本の美術館や美術展は、撮影禁止がほとんど。フラッシュを焚いていないのに、すごい剣幕で注意されます。この悪しき慣習を変えなければ。
国内でやると写真を撮ってると思われて止められそうです。

しかし音声ガイドをアプリ化してるところもありますし、展示内容によってはいずれ対応してくれるところも出てくるかも。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/information/guide/
シャザム!楽曲を数秒間録音するだけで、それが何の曲なのかを教えてくれる、これがアートなど多岐に広がっているとのこと。なんて便利なんだ。昔はあの曲なんだっけ?でも欲しいとなると、レコード屋に行き歌って店員さんにきいたものです。ラジオでもそんな番組がありました。
音楽はデジタル化して、その流通量は2倍になった。
この様なアプリで、
アートがもっと身近になれば、アーティストの為に
なると思う。