新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、Peach AviationのCEO・井上慎一さんです。取材中モヤモヤ考えていて、どうしてもわからないので、最後に井上さんにお聞きしました。「あの、俳優の誰かに似てると言われませんか」。するとニヤリと笑って「竜雷太とか、松平健とか、船越英一郎とか」。スッキリしました。
ーーー
日本初のLCC(Low Cost Carrier)として、2012年3月に運航を開始したPeach(ピーチ)。関西国際空港に拠点を置き、「空飛ぶ電車」をコンセプトに掲げるなど、従来の航空会社とは一線を画す独創的な発想や戦略で、低コスト化を実現してきた。2019年11月にはバニラエアを統合し、アジアのリーディングLCCを目指している。

そんなPeachをゼロから立ち上げ、牽引してきたのが、CEOの井上慎一氏。「日本とアジアのかけ橋になる」というPeachの使命は、中学時代からアジアとの縁に導かれた、井上氏自身の使命でもあるという。

井上氏のリーダーシップの原点や、LCCを天命とするに至ったルーツなどから、その哲学に迫る。(全7回)

■第1回 日本初のLCC「ピーチ」をゼロから立ち上げた男の天命
■第2回 弱音は吐くな、途中であきらめるな
■第3回 リーダーたるもの、最後に責任を取る覚悟を持て
■第4回 天安門事件とANA「奇跡のハンドリング」で転職を決意
■第5回 LCC界のレジェンドに学んだ低コストとおもてなし
■第6回 「おもろい」工夫から、新たな価値が生まれる
■第7回 「空飛ぶ電車」で顧客の人生に彩りをもたらす
ピーチ、注目しています。
名前の由来から、経営思想まで読めて嬉しい。
そこまでやっているとは、驚きました。
「しかも、現在のチェックイン機のボディは、よく見ると低コストの段ボール製になっています」
LCCをゼロから立ち上げたのは立派です。
いろいろな工夫をされているところも素晴らしいです。

LCCは何の予定もなく、帰省のために使ったり、のんびり過ごすために使ったりするのであれば良いとは思います。

ですが、私はLCCに乗ることはありません。
理由は天候等の理由で便がキャンセルした場合に何の手立ても打てなくなるからです。

出張にしても旅行にしても、私はきちんと予定を立てます。もちろん、時間通りに全てうまく行くのが望ましいです。
しかし、天候等回避できないリスクは存在し、リスクヘッジには限界があります。
LCCは便がキャンセルされた場合、振替をしたとしても便数が少ないため、リスクが大きく、場合により、出張や旅行が中止になってしまいます。
中国でもポジティブなイメージの言葉ですし、ブランド名がいいですね!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。